無料ブログはココログ

« 那覇の公設市場は祭りでにぎわう | トップページ | 敬老の祝いは85歳以上! »

2010年9月20日 (月)

しまくとぅば(島言葉)の日

 9月18日は「しまくとぅばの日」だった。この日に由来する因縁はない。ただ「918」が「くとぅば」という語呂合わせから来ている。でもその意義は小さくない。琉球語、沖縄語は、たんなる方言ではない。古代に日本語からわかれた。ユネスコでも、独自の言語とされ、消滅の危険がある言語として指定されたそうだ。

 言葉は、文化である。琉球語でしか、共通語では表せない豊かな内容がある。かつては、沖縄方言しか喋れないと、大和に行っても差別される現実があった。だから、共通語を覚えることは差別されないための一歩だったという。方言撲滅が教育の現場でも徹底された。その手段として、方言を話せば木札を首からかけさせる「方言札」があった。戦後もしばらくあったとも聞く。誰か他の生徒が方言を使うのを見つけないと方言札は外されない。だから友だちの足をふんづけて「アガー!」(痛い)と叫べば方言を使ったとして、札を回したと聞く。いくら共通語を徹底するにしても、あまりにも非教育的な手段だ。それがまかり通ったというから、恐ろしい。それに、沖縄戦で日本兵にわからない言葉、方言を使えばスパイと見なされ、実際殺された人がいた。狂気のなせる業である。

 いまでは、逆に方言、というより琉球語、「しまとぅば」を大いに使い、残していこうとキャンペーンされている。「しまくとぅば」が最も生きているのは、民謡の世界である。歌詞はほとんどそうだ。「新唄大賞」という賞があるが、「しまくとぅば」で作詞することが条件になる。民謡歌手は、若手でもみんなしゃべれる。それなりにみんな勉強したのだろう。

 琉球語のことを「ウチナーグチ」とも言ったが、「ウチナー」とは狭い意味では沖縄本島になる。八重山の人は、本島に行くことをいまだに「沖縄に行く」という。ウチナーグチだと本島言葉の感じになるのだろうか?。同じ沖縄でも、言葉は八重山、宮古ではすごい違いがある。わが民謡サークルでも、「先島の唄は言葉がわからんさー」と敬遠する人がいる。逆に宮古の人は島を出ると、本島にくれば那覇・首里方言、それに共通語と3つの言葉を覚えないといけなかった。苦労したという。島ごとに言葉が違い、本島でも山原から南部まで、シマ(地域)ごとに言葉が違う。だから総称するには「しまくとぅば」が適しているのだろう。

    099 みんなに慕われるミルク神  

 例えば興南高校の応援歌になり一躍甲子園でも鳴り響いた「ヒヤミカチ節」でも、まず「エイ!と気合を入れる」という意味の「ヒヤミカチ」という言葉を、共通語に訳するとなにかイメージが伝わらない。歌詞の中の「稲粟ぬなうりミルク世のしるし」というのも、「稲粟が実り、五穀豊穣の世の表れ」と訳せるだろう。でも、「ミルク世」というのは、独特の表現だ。ミルク神は、仏教の民衆救済の弥勒菩薩からきている。沖縄では、とても親しまれている。ミルク神はお祭にも仮面姿でよく登場する。弥勒菩薩というより、七福神のような、とっても愛嬌のあるふくふくしい顔立ちと姿だ。みんなミルク様にあやかろうと、ミルク様をなでる。これらも、共通語に訳すると、ミルク神のもたらす豊穣への切なる願い、その思いがなんか伝わらない。これは一例だ。

 まあ、民謡は「しまくとぅば」なしには成り立たない。伝統芸能の組踊や沖縄芝居、沖縄歌劇も同じだろう。「しまくとぅば」が表現する豊かな世界、文化があるのだ。 というわけで「しまくとぅば」について、話しだすといくらでも言いたいことがある。また書こうねー。

 

« 那覇の公設市場は祭りでにぎわう | トップページ | 敬老の祝いは85歳以上! »

コメント

またまた早朝にアクセスです。琉球語というか「しまくとぅば」には、日本語に直訳できないってうか訳すと味気なくなる言葉が多いですね。「世果報」「弥勒世」「御万人」「嘉例吉」とか・・・「かぎやで風」の「今日のふくらしゃや」の「ふくらしゃや」は「誇らしさ」なんだろうけど、「ふくらしゃや」の方がいいような気がするし、よく使われる「美童」も「美しい娘さん」じゃあねえ。「美しゃ」も「かいしゃ」と読むから味わいがあるんであって、「美しい」ではやっぱり物足りない。そういえば、春の連休にレキオアキアキの友人夫妻が来た時、宴の最後に元ちゃんの「遊び庭」でカチャーシーを唄い踊った時、「遊び庭」ってどういう意味?って聞かれて、困ったさ。「遊び庭」は「遊び庭」なんで、ほかに説明のしようがない。琉球語はそこで暮らす人間でなければ理解できない使えない絶対的フィット感がありますね。

 その通りですね。古謝美佐子さんの「童神」(わらびがみ)なんかも、唄の題からして、訳すると味わいない。夏川リミちゃんが、歌詞を共通語バージョンでも歌っているけれど、とっても違和感ありますよ。もともと、共通語でつくられた民謡もあります。でも、「パラダイスうるま島」なんかそうですけれど、歌っている内容は、沖縄のことだけど、「夢の竜宮うるま島」「気候はのどかにわがパラダイスうるま島」「天の橋立て松の林のうるま島」ともう風景まで大和風に聞こえるから、違和感あります。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまくとぅば(島言葉)の日:

« 那覇の公設市場は祭りでにぎわう | トップページ | 敬老の祝いは85歳以上! »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30