無料ブログはココログ

« 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その7 | トップページ | カヌチャリゾートの憂い »

2010年9月 1日 (水)

琉球と中国の長い交流の物語(下)、その8

 中国皇帝から国王として認められる冊封は、国家的な祝い事である。国を挙げて歓迎した。でも、小さな島国にとって、500人前後もの賓客が半年も滞在するので、その接待にも大変な苦労があったという。冊封使の一行は、中国の物産もたくさん積み込んできた。それを琉球王府は一括して買い取った。官営の貿易である。そこでトラブルが起きることがあった。その8は、そんな内容である。

  「tyuryuu08.doc」をダウンロード

     024

 首里城での冊封儀式の再現。国王は3回跪き、9回頭を地面にこすりつける

« 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その7 | トップページ | カヌチャリゾートの憂い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その8:

« 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その7 | トップページ | カヌチャリゾートの憂い »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30