無料ブログはココログ

« 台風一過 | トップページ | 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その8 »

2010年9月 1日 (水)

琉球と中国の長い交流の物語(下)、その7

 冊封使は、皇帝の使者として外国に派遣されるから、とっても名誉なはずである。でも、なぜか嫌がられたらしい。なぜだろう。さまざまな困難があったし、なにより危険な旅であった。それでも、任命されると行かざるをえない。一行は総勢500人前後にものぼる大規模な使節団だった。その7はこんな内容である。

 「tyuuryuu07.doc」をダウンロード

      050 写真は那覇市内にある福州園。

中国式の庭園である。那覇市と福州市の友好を記念して造られた。本文とは無関係です。

« 台風一過 | トップページ | 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その8 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その7:

« 台風一過 | トップページ | 琉球と中国の長い交流の物語(下)、その8 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30