無料ブログはココログ

« ミラクル・ロッテにわく | トップページ | お墓も売っている産業まつり »

2010年10月22日 (金)

なぜか楽しい産業まつり

 沖縄県産品を一堂に集めた産業まつが22日、始まった。ことしで第34回。「美ら島の 元気の素 県産品」がテーマだ。470の企業、団体、個人が集まるから規模はデカイ。昨年は台風がきて、途中、中止になった。ことしも、ヤバイ予報だったが、幸い初日から天気は回復。暑くもなく絶好の祭り日和になった。

     021 出店はにぎわう

 産業まつりの楽しみの一つは、泡盛の試飲だ。県内の泡盛メーカーが味を競う。さっそく軒並み、試飲をしてみる、初日だから客が少ないので、応対の側も、わが社の泡盛のよさを熱心に語る。だから、自慢の古酒(くーす)、8年、10年、12年ものなど惜しげもなく試飲させてくれる。12年物など、驚くほどマイルド。新しいものは、刺激があり味に角がたつ。古いほどまろやかだ。どれも美味しい。

     007 各メーカーが味を競う

 産業まつりならではの楽しみは、酒造メーカーが市販されていない、原酒など持ってきて試飲、販売することだ。写真は、久米仙の原酒44度。小売りもする。原酒をいろいろ試してみた。それぞれに味わいがある。この日の一押しは崎山酒造の泡盛。なにか違う味がする。洋酒のような瓶づめされている。「ラム酒のような感じではないですか」というがなるほど、そんな感じがした。

        009 これは久米仙の原酒

 でもやっぱり、まつりで飲むのは工場直送のオリオンビール。食べ物は、本部牧場の焼肉と豚肉の串焼き。とくに本部牧場の牛肉は、信じられない柔らかさ。「まーさんどー!」だ。

   011 本部牧場の美味しい牛肉とビール

    014 ビアガーデンも初日は空いている

 県産品ならなんでも売っている。もちろん三線も売っているし、なぜかオヤジたちが、何人も三線を弾いて呼び込みしていた。

  024 呼び込みする三線屋のオヤジたち

  ただし、産業まつりは芸能の舞台の見物が少ないのが難点だ。でも、これで終わりではなく、また出かけようねえ。近くだから。まだ見てないところもたくさんあるし。

« ミラクル・ロッテにわく | トップページ | お墓も売っている産業まつり »

コメント

今年もやってきましたねえ。産業まつり。天気が良くてラッキー!泡盛の試飲は、まずお腹になにかいれてから飲みましょうね~。今日はすきっ腹でグイグイ何軒も行ったので、最後はフラフラ~でした。なにしろ生で飲んでるので。原酒はいいですねえ。日ごろは古酒入り島を飲んでいるので、一本ぐらいいいクースを持っていてもいいんじゃないでしょうか。仲井真とすれ違ってあいさつされたけど、全然わかりませんでした。秘書ぐらい連れて歩けよ!倫太郎もアイモコも、みんなみんな会場にいましたよ!

 泡盛も、メーカーと度数や作り方によってずいぶん味が違うのがよくわかりますね。でも、会場で帰りにスーチカー買ったのに、なくなったのは残念。どこへ消えたのかなあ?。


おいらのホ一ケイち●ぽでもけっこうヤれるジャン♪

みんなにカワイイとか言われちゃって、ペロペロしてもらってるよ☆

このペースなら月末までに40万は余裕だにゃ~( ̄▽ ̄)ノ

http://arby-pl.gim.uerock.net/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/37344936

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか楽しい産業まつり:

« ミラクル・ロッテにわく | トップページ | お墓も売っている産業まつり »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30