無料ブログはココログ

« 団扇がなければ祭りじゃない | トップページ | 木枯らし一番と焼いも »

2010年10月25日 (月)

なぜか、沖縄はマラソン王国だった

 この暑い沖縄が、知る人ぞ知るマラソン王国だとは、移住するまで知らなかった。とにかく、マラソン大会が多い。さすが、ガンガン照りの真夏はなかったが、秋めいた10月には、各地でマラソン大会がはじまった。それも、島ごとにマラソンがある感じだ。それぞれ特色がある。10月23日、北の離島、伊平屋島(いへやじま)で、十六夜の満月を見て走る「ムーンライトマラソン」があり、1551人が月夜を駆けた。まだ夏のような暑さなので、ムーンライトのマラソンは気分良かっただろう。

    001 ムーンライトマラソンを報じる琉球新報10月25日付   

 24日には、久米島マラソンと宮古島の東平安名崎(ひがしへんなざき)タートルマラソンがあった。宮古島では、31日に初のフルマラソンがある。

 離島といえば、11月13日、与那国島で日本最西端与那国島一周マラソンがあり、281人がエントリしているという。来年になれば、1月に石垣島マラソン、渡嘉敷島では2月5日、鯨海峡とかしき一周マラソン、2月に、「西表の大自然を走ろう」と竹富島やまねこマラソンがある。離島では、マラソンが島に来る客を増やすための一大イベントになっている。走るランナーにとっては、離島の自然を見ながら走るのはキモチイイだろう。

 本島では、11月7日、南城市の尚巴志(しょうはし)ハーフマラソンでスタートする。尚巴志とは、南城市佐敷の出身で、琉球を初めて統一し第一尚氏の王朝を打ち立てたヒーローである。このあと、中部トリムマラソンが11月21日、NAHAマラソンが12月5日にある。那覇は昨年は3万人を超えて、あまりに参加者が多くなりすぎて、ことしは2万5000人の定員で募集を打ち切ったそうだ。南部5市町を回るが、わが家のすぐ近くを走るので、毎年見ている。

 さらに、来年は県内唯一の日本陸連公認の競技マラソンといわれる、沖縄市を中心としたおきなわマラソンが3月にあり、糸満市のなんぶトリムマラソンも3月にある。

 これで全部ではない。まだまだある。全部で県内のマラソン大会は20を超えると聞いた記憶がある。沖縄のマラソン大会をまとめた本まで出ている。

 沖縄のマラソンならでは不思議がいつくかある。

 沖縄市のおきなわマラソンは、なんと嘉手納基地の中を走ること。コース設定がわざわざ基地の中を走ることになっている。アメリカーも応援する。これで「日米親善」なのかねー。

 応援のためにたくさんの市民が沿道に出るのは、どこでも同じだろう。でも、沖縄では、三線をもって沿道に行き、弾き鳴らして歌って応援する。現に知人のKおじいもその一人だ。

 マラソン大会の開催要領の中に、「犬を放さないでください」と市民に呼び掛けること。「何、これ!」と思ったが、沖縄は放し飼いになった犬が、しょっちゅう交差点を歩いている。横断歩道を渡っている。きっと、マラソンでたくさん人が走れば、興奮して吠えかかってくる犬がいるのじゃないか。もっともだ。犬は鎖につないでくださいねー。

 この暑い沖縄で、走ればもっともっと暑いのに、なぜかマラソン参加者が多い。これが一番の不思議かもしれない。近くの公園でも、たくさん市民ランナーが毎日、練習している。マラソン大会のロゴ入りのTシャツを着て走る人も多い。

 最後の不思議。マラソン好きが多く、大会も多いのに、全国大会ではマラソンがとっても弱い。なにしろ高校駅伝では、男女とも沖縄の高校は、毎年、ビリ争いから抜け出せない。

 まだ、トライアスロン大会も4月に、宮古島、石垣島である。まあ、そんなわけで、マラソンシーズンがはじまったのである。

« 団扇がなければ祭りじゃない | トップページ | 木枯らし一番と焼いも »

コメント

マラソンだけじゃなくて、ウォーキング大会もありますね。浦添市では毎年、「てだこウォーク」があって、15キロぐらい歩くそうです。順路にキャンプキンザーが入っていて、やっぱりアメリカーが水分補給とかにボランティアするそうですよ。マラソンでも、毎年那覇まつりでは「rbc王国」で、「那覇まつりハピハピマラソン」をやります。奥武山公園スタートで公園内を何周かするみたいです。ウチナーンチュは走るの好きですねえ。なのに、「肥満王国」ですねえ。二極化してるんですかね。尚巴志ハーフマラソンでは、マラソン後にライブがあって、マラソンとおまつりが合体してます。ライブには毎年、地元佐敷のGSバンドSSカンパニーが演奏することになってます。それだけを見に行く人もいるみたいです。沖縄はどこを走っても景色がいいから、ランナーには気持ちいいでしょうね。

 沖縄は「車社会で歩かない」と言われるのに、走るのが好き、ウオーキングが好きな人も多い。たしかに、二極化してるかもね。
 トライアスロンも盛んで、伊平屋島のムーンマラソンのとき、近くの伊是名島は、トライアスロン大会があった。海のレジャーシーズンが終わったあと、マラソンも島外から客を招くイベントの一つとして、観光とも一体ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか、沖縄はマラソン王国だった:

« 団扇がなければ祭りじゃない | トップページ | 木枯らし一番と焼いも »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30