無料ブログはココログ

« パーマ屋は生きている | トップページ | 沖縄の子守唄の不思議・総集編、その3 »

2010年11月 5日 (金)

沖縄の子守唄の不思議・総集編、その2

 日本の子守唄には、子どもを寝かせる「寝かせ唄」と「遊ばせ唄」そして「守り子唄」という3種類がある。子守唄は世界中どこにもあるが、日本の子守唄は特異だ。それは親元を離れて遠くに子守り行く「奉公守り子」の唄まで含まれているからだという。「守り子唄」には、「泣く子が憎い」という嘆きなど歌われる。沖縄の子守りは、奉公ではない。家庭で子守りできない家は、「守姉」が子守りした。子守りは楽しみであり、誇りでもあったという。その2は、こんな内容である。

     「komoriuta2.doc」をダウンロード

« パーマ屋は生きている | トップページ | 沖縄の子守唄の不思議・総集編、その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の子守唄の不思議・総集編、その2:

« パーマ屋は生きている | トップページ | 沖縄の子守唄の不思議・総集編、その3 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30