無料ブログはココログ

« 久米島の泡盛酒造所を見る | トップページ | 山芋スーブもたけなわ »

2010年12月21日 (火)

お歳暮は年明けも続くよ

 今年も残り少なくなってきた。大型店に行くとお歳暮コーナーがにぎわっている。でも、旧暦が生きる沖縄は、年末といっても、1回ではない。新暦では年は押し詰まっているが、旧暦では、まだ11月半ばなのだ。旧正月は来年2月3日である。「年末といっても、まだまだ先だ」と冗談を言う人がいる。
 沖縄でも、新暦の年末年始がもう一般的であるが、地域によって、家によっては旧暦で行うところもまだある。実際に、お歳暮も、旧暦が習慣の人は、年明けてからだ。だから町のスーパーでは、年明けても、まだお歳暮商品が少なくなってはいるが、残っている。大和から来た人には、不思議な光景である。でも沖縄では、ごくフツーの日常風景である。
 12月24日といえば、「クリスマスイブ」以外にないだろう。でもでも、沖縄で12月24日といえば、「ウガヮンブドゥチ」である。漢字で書けば「御願解き」である。ただし、これは旧暦でしかやらない。だから、クリスマスとはガチンコしない。「ウガヮンブドゥチ」というのは、「ヒヌカン」つまり台所の神、カマドの神であり、家庭を見守ってくれるという「ヒヌカン=火の神」に対して、年末の24日、一年間の成就した事や幸せだったことに感謝して、不幸な出来事や災いごとは解消するようにお願いをするのである。
 それはこの日、ヒヌカンは天に帰り、その家庭の功罪を天の神に報告するそうだ。だから、天の神によい報告をしてもらい、不足することは火の神様に補ってもらい、新しい年にはより力を増して家に帰ってもらうように祈るという。「ヒヌカンの昇天」というそうだ。だからこの日には、各家庭で、この1年を振り返って、感謝と反省をするのだそうである。ヒヌカンをとても大切にする沖縄では、大事な行事である。
 「ウガヮンブドゥチ」は、なぜか旧暦だけで新暦ではやらないようだ。
 大晦日のことは「トゥシヌユルー」(年の夜)という。新暦では、12月31日であるが、旧暦では12月30日となる。来年2月2日にあたる。やっぱりこれは両方ある。
 というわけで、年末風景も、沖縄には大和と違う風習があるということだ。

« 久米島の泡盛酒造所を見る | トップページ | 山芋スーブもたけなわ »

コメント

所変われば品変わる--そんな言葉がぴったりの沖縄の師走風景ですね。
ところで申しわけありませんが、私のもっと大きな関心は昨日のつづき。43度の古酒の飲み方です。
教わったとおり、古酒を直接水で割らずに、まず古酒を口にふくみ、コロコロと舌で転がして味を楽しむ。うまいですねぇ。そしてグッと飲んで喉越しを楽しむ。そのあとに水を飲んで胃の負担を和らげてあげる…。
どんどん飲めちゃいます。止まりません。“悪い”飲み方を教えてくださったものですねえ。
ということで、いい気持ちになって参りました……( ^ω^)

 ストレートの上手さを知るとヤバイですね。ただ、欧米ではスコッチ・ウィスキーはみんなストレートで飲みますからね。与那国島の60度のドゥナンも、「水で割るのはもったいない」といってました。でも、普段の日の晩酌には飲まないそうです。
 古酒は、結局30度など度数の薄いのは水で割ってから出しているからなので、ストレートが一番、味が分かるのですね。でも、これは「うまい、うまい」といって飲んでいると飲みすぎるのが要注意です。それに、ストレートは胃によくないので、やっぱりお湯割りがお勧めですよ。

おっしゃるとおり。
さっきからパソコンを操作しながら飲み続け。
ちょっと考えなきゃね。
ご忠告ありがとうございます(o^-^o)

 「ヒヌカン」は旧暦、新暦、どちらで生活している人でも、ウチナーンチュなら大抵の家庭にありますね。「ウグゥワンブトチ」まできちんとやっているかどうかわかりませんが。1日と15日のウグゥワンはみんなやってますよ。わが家の真和志地区にある繁多川では新暦の「トシヌユルー」に地域の男性陣が拝所をウグゥワンしてまわるそうです。新正の元旦は女性陣が拝所を回るという習慣だそうですよ。
 今日は「トゥンジ」ですね。朝からラジオの話題はそれでもちきりでしょう。沖縄ではなぜジューシー食べるようになったんでしょうかね。しかもターンムジューシーですよね。縁起がいいんでしょうか。
 宮城のつぶやきさん、肝臓大丈夫ですかね。そうそう、残っている与那国の60度の「花咲どなん」を、お正月に御とそでいただくのを、忘れないようにしましょうね。

 今日は冬至(トゥンジー)ですが、なぜジューシーを食べるのでしょうね。いまごろ寒くなるのを「トゥンジービ-サー」と言いますね。「ジューシー」は大和流にいえは炊き込みご飯ですが、ジューシーには、田芋(ターム)、カマボコ、シイタケ、人参、ヒジキなど入れて、具たくさんですから、家族の健康を願う気持ちが詰まっているそうですよ。冬至もやはり、各家のヒヌカンやご先祖さまにお供えをして、家族の健康や家庭の繁栄を祈願するそうですね。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お歳暮は年明けも続くよ:

« 久米島の泡盛酒造所を見る | トップページ | 山芋スーブもたけなわ »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30