無料ブログはココログ

« 沖縄はクリスマスが大好きだ | トップページ | 若水を首里城に献上 »

2010年12月26日 (日)

沖縄には正月がいくつあるのか?

 2010年も押し詰まってきた。新しい年を迎える正月が近い。でも旧暦が生きる沖縄は、正月は一つではない。海人の町・糸満など、とくに旧暦で正月をする。まあ新正月が一般的ではあるが、地域によりさまざまだ。
  ややこしいのは、正月と名のつく行事はそれだけではない。年末にも一つあった。
 22日の冬至(トゥンジー)もその一つだ。この日は、具たくさんの沖017 縄風炊き込みご飯のジューシーを作る。わが家も今年は作って食べた。火の神やご先祖様にジューシーをお供えをして、家族の健康と家庭の繁栄を祈願する。
 トゥンジージューシーを食べると、年齢が一つ増えるということで「トゥンジー正月」とも言われるそうだ。琉球王府では、冬至を元旦同様の行事としていたという。右写真はわが家のトゥンジージューシー。下写真は、冬至の夕陽である。
 020

 年が明ければ正月だが、沖縄ならではの風習がある。それは正月の行事は、若水汲みから始まる。若水とは若返る水だそうだ。
 沖縄の正月のあいさつは、「いい正月でーびる。若くないみそうち」(よい正月ですね。若くなられましたか)である。年をとるはずの正月が若返りの意味があるそうだ。でもまだこのあいさつは、残念ながら聞いたことがない。
 旧正月は、糸満など盛大に行われる。
 本島から少し離れた粟国島には面白い風習がある。「マースヤー」(塩売り)という行事だ。旧暦の大晦日夜から、新年にかけて、島内の各所で、家々を回り、塩売りの口上を唱えながら、歌三線や踊りを披露し、家庭の健康繁栄を祈願するそうだ。
 正月は、これで終わらない。次には「グソー(あの世)の正月」といわれる「ジュールクニチー」(16日のこと)がある。お墓にお参りしてお供えする。ただ、もうやらない地域もある。もっとも盛んなのは、宮古・八重山や本島では北部の山原(やんばる)である。那覇から先島に帰る人もいる。帰れない人は、那覇港の入口にある三重城(ミーグスク)で、島に向かって、お墓に向かってウトゥーシ(お通し、遙拝)する。私も前に、三重城に行った時、線香に火を付け、あの世のお金である「ウチカビ」を燃やし、祈願した跡が残されていた。沖縄の線香は、6本の束になった「ひらうこう」(平香)なので、燃え切らないで残る。
 まだ終わりではない。二十日(ハチカ)正月もある。「送り正月」「オワリ正月」ともいう。正月飾りの残りを片づける。正月の終わりを告げるそうだ。この日は、那覇市でかつて遊郭だった辻では、ジュリ馬行列などの新年行事が行われる。
 正月の行事については「御願ハンドブック」を参考にした。
 やっぱり南島の正月は、大和とは違う特色がありますね。

« 沖縄はクリスマスが大好きだ | トップページ | 若水を首里城に献上 »

コメント

旧正月をするのは、糸満だけじゃないみたいですよ。昔は那覇、首里でも旧正だったわけでしょう。その名残で那覇でも旧正やってる人がいます。温泉で会うオバーに「正月とお盆はどっちが忙しいですか」って聞いたら、なぜか「うちは旧正だから」って答えられた。旧正だと忙しくないのか?「あんたんち、新正?」って聞くから「うちはヤマトなんで、新です」って言った。オバーはやっと「忙しいけどね、長男嫁が全部やるから。あたしは孫のお年玉係だよ」って疑問に応えてくれた。長男嫁は忙しいねえ。ほかのオバーでも、「子ども全員が結婚して独立するまでは旧正だったよ」って言ってた人もいたなあ。ヨガで一緒だった安波茶のHさんも「三線の音を聞くと旧正の元旦を思い出すわ~。父がね、元日だけ三線弾いてたの」って言ってたよ。「冬至ジューシー」はもう沖縄では(本島では)、作って食べるのが当然の風物詩ですね。しか~し!話は飛ぶが、ジューシーってなぜ、沖縄そば屋には絶対にあるのか!ぜんざいもそうだけど、なぜジューシー食べたければそば屋に行けばよいってなってるのか!答えてちょんまげ~!

 沖縄そばになぜジューシーなのか。それは簡単でしょう。そばだけではお腹が満腹にならないから、ご飯ものが少し欲しい。白いご飯よりジューシーが軽くあればいい。それは、大和のラーメンでも一緒でしょう。若者など「ラーメンライス」は定番。とにかくお腹一杯になる。それより、「ラーメンプラス半チャーハン」が人気あるでしょう。これと同じじゃないかな。
 沖縄そばとぜんざいは、やっぱりデザートでしょう。それに熱いそばを食べて、暑くなるから、アイスぜんざいを食べたくなる、ということではないかな。
 ついでに、弁当屋がとても多く、そこでは「100円そば」がある。これも大和では、弁当屋でなぜそばなのか、意味不明だろう。でも、弁当食べるのに、汁ものが欲しい。沖縄の味噌汁は、具たくさんで、大和感覚の味噌汁とはかなり違う。だから、弁当には小さめのそばを合わせて食べるのがちょうどいい、というわけでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄には正月がいくつあるのか?:

« 沖縄はクリスマスが大好きだ | トップページ | 若水を首里城に献上 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30