無料ブログはココログ

« 沖縄はいまも「アメリカ世」か? | トップページ | 沖縄自由民権運動の父、謝花昇の銅像を訪ねる »

2011年2月 9日 (水)

真冬にひまわりが満開

 北中城村でひまわりが満開にな010 っているので、見てきた。毎年、見に行っている。つい数日前まで、沖縄も例年以上に寒かったので、少し開花が遅れ気味だった。でも20度を超す陽気が続き、ひまわりは見ごろだ。
 「ひまわりIN北中城」という実行委員会が、まつりを開いている。
 毎年、ひまわりは少しずつ増えている。昨年の30万本から今年は40万本に増えたという。008 昨年より、少し背丈が低い感じだ。

 でも大輪の花には、ミツバチが来ていた。見えにくいかもしれない、アップしてみた(右)。
 那覇市内は、カンヒサクラが満開だ。コスモスが咲いている所もある。ひまわりも桜もコスモスも、同じ時期に咲くのが沖縄である。季節がチャンプルーという人もいる。まあ、冬といっても、沖縄の冬の気温は、大和でいえば、晩秋か春くらいなので、秋の花、春の花がいっしょに咲いても珍しくない。ひまわりも夏の花といわれるけれど、県内各地で、いろんな時期に咲く。沖縄のひまわりは、いったいいつがベストシーズンなのだろう。よくわからない。
 025

今年は、初めてひまわり畑で結婚式を挙げた人がいる。畑の中に式のスペースやバージンロードをつくり挙式した。その様子はテレビの報道でも見た。でも、ひまわり畑の中に、そのためのスペースをつくるのは、花を観賞する立場からすれば、あまりいただけない。
 といっても、平日でもかなり人が見に来027 て、盛んにカメラで撮っていた。ちょうど、幼稚園の園児も先生に連れられてやってきた。
 子どもたちもみんなひまわり畑に入って大喜び。先生が子どもたちにポーズをさせて、写真を撮っていた(右)。
 地元の農産物、特産物を売る売店も設けられていた。ひまわりも花の束を売っている。休016 日ならもっとにぎわうだろう(左)。

畑を歩いていると、かわいい犬に出合った。なんと、お父さんの懐から、犬が顔だけのぞかせている。あまりに可愛いので、1枚写真を撮らせてもらった。ちゃんと、顔を出してくれた。023

« 沖縄はいまも「アメリカ世」か? | トップページ | 沖縄自由民権運動の父、謝花昇の銅像を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ひまわり畑での結婚式はいただけないですね。あんなに大量に、大幅に畑のなかのひまわりをとってしまって、バージンロードのあとだけが残り、そこだけひまわりがポッカリないじゃないですか。毎日何組も式をあげる人がいるならまだしも、あの一組だけですよ。ひまわりをとった人が、あそこの持ち主だから仕方ないけど、エゴじゃないでしょうか。「ひまわり畑で挙式してほしい」という主観的願望が先行していると思います。
今年はひまわりの背丈が低いと、地元のおばちゃんが言ってました。寒かったせいでしょうかね。実行委員会主催じゃなくて、村が責任を持って管理運営すれば、あんな結婚式用のひまわり伐採はしないんじゃないでしょうか。
休日は賑わうでしょうねえ。

ひまわり結婚式をするなら、ひまわり畑のとなりの空き地を利用してやればいい。ひまわりを刈り取って、結婚式というのは、ひまわりを大事にしていないものね。
 来年からはどうすのんでしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冬にひまわりが満開:

« 沖縄はいまも「アメリカ世」か? | トップページ | 沖縄自由民権運動の父、謝花昇の銅像を訪ねる »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30