無料ブログはココログ

« マングローブ林は伐採すべしか? | トップページ | 米軍キャンプの経済効果はいま »

2011年2月 1日 (火)

キャンプの経済効果が倍増

 沖縄でのプロ野球キャンプが、2月1日からはじまった。話題満載の今年は、観光客がそうとう増えて、経済効果が、101億円にのぼるという。りゅうぎん総合研究所の試算である。昨年の2倍になる。先日も書いたように、巨人が初めて来ることや、日ハムに斎藤佑樹が入団したことなどで、人気を呼んでいる。巨人効果が約20億円、斎藤効果が約15億円というから、「巨人・斎藤さまさま」である。
 沖縄観光も伸び悩んでいたので、観光が最大の産業である沖縄にとっては、大歓迎である。もうすでに、県民あげての歓迎ムードである。
 1月30日には、千葉ロッテが一足早く石垣島に入り、市内で優勝パレードをした。なんと、竹富島の水牛車も登場して、約800mパレードした。沿道には25000人が詰めかけたという。石垣市の人口は約49000人なので、市民の半分が詰めかけたことになる。ロッテを島をあげて歓迎していることがここにも表れている。
 とかく、巨人、斎藤に話題が集中しているが、星野仙一新監督になった楽天は、久米島空港に1000人を超える人が歓迎に集まったという。斎藤の那覇空港到着に負けない歓迎であったそうだ。
 1日は、名護市の日ハムのキャンプには、北海道からも来ていて、中には「1ヶ月間マンションを借りて名護にいます」という熱烈ファンもいて驚いた。斎藤君にあやかったグッズ、あやかり商品の売れ行きも好調で、「ハンカチ王子」にあやかり、桜をあしらったハンカチは、1人2枚とか制限するほどだったという。
 県民の心配はただ一つ。この時期の沖縄は、天候がいまいちである。晴れの日は少ない。曇りか雨がときおり降る。だから雨天練習場が完備していないと、キャンプはできない。それでも、雨天の日が多いと、県民は「球団に申し訳ない」とみんなが心を痛める。だから、わがことのように、天候がよいことを祈っているのである。幸い、キャンプインとともに、気温も上がり、週末からは天候もよいので、みんなホッとしている。
 「さあ、キャンプ回りに行こう」「佑樹君を一目見たい」。こんな声が県民の間でわき上がっている。この土日は大変な混雑になるだろう。
 ところで、キャンプの経済効果といえば、沖縄ではもう一つのキャンプがある。そう、米軍キャンプ(基地)の経済効果のことである。かつては、沖縄経済は基地に依存しているといわれたが、いまは様変わりである。もう長いので、これはまた別の機会に書きましょうね。

« マングローブ林は伐採すべしか? | トップページ | 米軍キャンプの経済効果はいま »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

フジテレビのスポ-ツコーナーの永島キャスターが毎日沖縄のフジ系列OTVのスタジオから全国放送する、という具合に、マスコミもものすごくたくさん来てますよね。名護のホテルなんて通常は閑散としてるのに、いまは満杯だというのだから、もっと長くキャンプやってほしい。われわれはいつどこのキャンプ見に行こうかね~。斎藤君はあまり見たいとは思わないなあ。那覇スタジアムの巨人にしませんか。壺川郵便局に車とめて、歩いていけばいいじゃん。

 沖縄で10球団がキャンプするのは過去最高らしい。それに、2軍も1軍とは別の市町村でやっている球団もいくつかあるし、韓国球団も来ているし、1ヶ月間はキャンプの話題で盛り上がるでしょう。沖縄出身の選手も、10人以上はいるので、地元キャンプで頑張って、活躍してほしいね。
 これまで見たことのあるのは、横浜、ヤクルト、中日だけ。宜野座の阪神も見てみたいが、一番近いの巨人だから、行っても見ようね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプの経済効果が倍増:

« マングローブ林は伐採すべしか? | トップページ | 米軍キャンプの経済効果はいま »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30