無料ブログはココログ

« 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その2 | トップページ | 大津波の恐ろしさに石垣島で思いはせる »

2011年3月10日 (木)

メア米国務省日本部長の更迭で号外

 「沖縄の人はごまかしとゆすりの名人」など沖縄と日本を侮辱する発言で、猛反発を受けていたメア米国務省日本部長が10日、更迭された。夕方、郵便001 ポストを見ると「琉球新報」の号外が配達されていた。
 沖縄では、号外を街頭で配るだけではなく、時に宅配までしてくれる。更迭で号外を出すところに、沖縄県民の怒りの強さがある。

 メアは、駐日米大使館安全保障課長、在沖米国総領事をつとめていたが、号外は、改めて彼の発言語録を掲載している。それを見ても、彼が「普天間は飛行場として特に危ないとは思わない」とか、米兵少女強制わいせつ事件で「一般社会でも起こりえる」などと、県民の怒りをかう発言を繰り返してきた人物だったことがよくわかる。003

 それにしても、日本政府の弱腰は救い難い。まともな抗議もできなかった。遺憾の意を表明したのも、米大使館から声をかけてくれたからだ。キャンベル国務次官補が、謝罪の意を表明したら、早く幕引きするために配慮してくれたと、米政府の態度に大喜びするありさまだ。
 しかし、メアを更迭すれば一件落着とはなりえない。もともと、メアを評価して、在沖総領事や国務省日本部長にすえて、日本と沖縄への政策を進める上で重用していたのは、米政府自身だ。今回のメアの発言は、彼の言動から見れば、予想されうるものであった。メアの発言は、メアの本音であるとともに、米政府自身の本音を反映している。
 メア更迭を聞いた県民の反応も「メア個人をやめさ005 せればすむという問題ではない」「日本政府の態度が問題」などの声が出ている。
 いまだに米軍は占領意識を持ちつづけ、わがもの顔にふるまっている。米軍基地の存在そのものが、広大な県民を土地を奪い取り、宜野湾市や嘉手納町など、町のど真ん中を占拠し、住民は片隅に追いやられ、著しい差別扱いを受け、耐えがたい騒音や墜落の危険、米兵による事件、事故の危険にさらされ続けている。
 だから、メア更迭だけで、この現実は何も変わらない。「普天間基地は危険ではない」などのメア発言も正しくないと思うなら、世界一危険とアメリカも認めた普天間基地は即刻閉鎖して返してほしい。ましてや辺野古移設はやめてほしい。
 さらには、基地の重圧から開放してほしい、というのが県民の願いである。

« 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その2 | トップページ | 大津波の恐ろしさに石垣島で思いはせる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

キャンベルが「メア更迭」と言ったら政府は「日米関係に深い溝をつくらないうちに対処してくれた」などと評価して、胸をなでおろしている。一家言も抗議しないうちに、沖縄の声を伝えもしないうちに、さっさとアメリカがメアを「処理」してくれた。「こんなスムーズなアメリカさんは今までなかった」と思ってるんじゃないの。臭いものにふた。トカゲのしっぽ切り。メア更迭はその類。本当に沖縄に謝罪の意を持つというのなら、日米合意を撤回し、世界一危険な普天間基地は即刻撤去しろ!日本政府はそのことをこそ、アメリカに求めよ!

沖縄県民の声を聞くと、メアと彼を任命しいるアメリカーへの怒りとともに、日本政府への怒りも強いね。
日本そのものも侮辱されたのにね。それにしても、メア更迭は沖縄で号外を出すニュースなのに、夕方の民放ではまともに報道もしない。ローカルニュースでは詳しくやったけれど。このあたりにも、東京の受け止めの鈍感さがアリアリですね。これも沖縄から見るとワジワジする。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メア米国務省日本部長の更迭で号外:

« 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その2 | トップページ | 大津波の恐ろしさに石垣島で思いはせる »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30