無料ブログはココログ

« 石垣島の不思議なお墓 | トップページ | 「安里屋ユンタ」の故郷・竹富島を訪ねる »

2011年3月20日 (日)

丘の上は満開近い東村つつじ祭り

 沖縄の春をつげるというキャッチフレーズで、第29回東村つつじ祭りが、4日から「村民の森つつじ園」で開かれている。今年は寒いし天候不順で開花が遅れているので、例年より遅く18日に見に行った。025
 まだ早かった! 右写真でみるように、3分咲きくらいだろう。日陰ではまったく咲いていない。本来なら、約5万本のつづじで「丘の上は満開前線」のはずだ。祭りは21日で終わるのに、満開はもう少し先になる。この分では、4月半ばまで楽しめるかもしれない。
 022

023

といっても咲いているところは、さすがに美しい。白、赤、ピンクと色とりどりで、つづじの甘い香りが漂っている。024














 

 花にはミツバチが飛んできて盛んに蜜を吸っている。014
東村といえば、世界で活躍する女子ゴルファーの宮里藍ちゃんの故郷。藍ちゃんが優勝するたびに、村長以下、村の人たちが集まり祝賀会を開いている。このつづじ祭りに合わせて、宮里藍写真展も別会場で開いている。でも、今回は見なかった。001





 つつじ園は、小高い丘の上にあり、丘から眺める景色は、絶景だ。平良湾の海の色がとっても美しい。008

 花は寂しかったが、天候も良くて眺めは最高。
それと、今の季節、山原(ヤンバル)は燃え立つような新緑が鮮やかである。
019_2
010

015

 新緑と言っても、緑だけではない。薄茶色の新しい葉もたくさんある。新緑は、太陽に光を浴びて、キラキラと輝いている。
 沖縄の山原には、巨大なシダがある。シダも新芽を出している。009

 つつじ祭りの会場では、地元の農産物やつつじなど花を売る店も並んでいる。新ジャガイモが美味しそうなので買った。面白い大根が並んでいた。026 

 4月にもう一度行ってみたいな、と思った。4月に入れば、大宜味村喜如嘉(キジョカ)のオクラレルカ(花菖蒲)が咲きだすはずだ。

« 石垣島の不思議なお墓 | トップページ | 「安里屋ユンタ」の故郷・竹富島を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

花が少なかったのは残念でした。あの公園は丘陵をつかっているので、山の頂上からの眺めもよし、真下を流れる川のところに行くと、原生林のような風景が見られ、多様な植生があります。去年行った時は桜の木のさくらんぼが赤かったにに、今年はまだ緑色でした。うちの近くの漫湖公園のさくらんぼはもう赤いのに。やっぱり山の上で北部だから寒いんでしょうかね。出店もまだ少なかった気がします。バスツアーの人たちは、もう申し込んじゃっているから、3分咲きでも高い金払ってみないといけなくて気の毒です。それにしても東村、宜野座インターから降りてからかなり遠いので、腰痛と坐骨神経痛が増してきます。あんなところから、藍ちゃんみたいなアスリートが生れるのって、すごいです。あ、そんなこというと東村に悪いか。

 今月下旬は見ごろでしょう。つつじ公園はホントに素晴らしい眺めやキレイな水の谷川もあり、よいところですね。南部ではこういう場所はないから。東村は、確かに遠いけれど、交通不便だった昔はもっと大変だったでしょう。こういう雄大な自然の残る場所で、宮里藍ちゃんはすくすく育ったでしょう。藍ちゃんはとても郷里に誇りを持っていますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丘の上は満開近い東村つつじ祭り:

« 石垣島の不思議なお墓 | トップページ | 「安里屋ユンタ」の故郷・竹富島を訪ねる »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30