無料ブログはココログ

« 「トイレの神様」のおばあちゃんは沖永良部島出身だった | トップページ | 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その1 »

2011年3月 8日 (火)

沖縄で猛反発を受けるメア発言

 米国務省日本部長のケビン・メア(前在沖総領事)が、沖縄人は「ゆすりの名人」「怠惰」などと発言したことが、県民の猛反発を受けている。発言は昨年12月、アメリカン大学の学生に向けた講義だ。
 メアいわく。米軍基地は田んぼの中に造り、沖縄人が基地周囲を都市化した。
 (沖縄の)3分の1は軍隊がなければ平和になると信じている、話をするのは不可能だ。
 沖縄県知事は、「お金が欲しければ(移設案に)サインしなさい」。
 沖縄の人々は日本政府を巧みに操り、ゆすりをかける名人である。
 沖縄の人は、ゴーヤーを怠惰すぎて栽培できない。
 普天間飛行場は、福岡空港や大阪伊丹空港と同じように危険だ。
 あまりにも低劣で、偏見と無知に満ち、怒りを通り越してあきれる。沖縄はアメリカが血を流して取った島だという感覚、県民を見下す植民地主義者のような感覚だ。
 彼は、沖縄にいた時代から、県民を逆なでするような暴言を繰り返し、一度はカフェで、コーヒーを浴びせられたこともある。コーヒーをかけるのは、適切ではないが、それだけみんなのひんしゅくをかっていたのだ。
 県内では、ただちに県議会が全会一致で抗議決議を上げるのをはじめ、各界から怒りと抗議の声が噴き上がっている。このような人物を日本部長に任命するオバマ大統領にも、怒りの矛先は向かっている。メアのような県民を愚弄する言動は、戦後に幾度となくあった。嘉手納基地の爆音を「自由のメロディ」という司令官の「軍政府はネコで沖縄はネズミ。ネズミはネコが許す範囲でしか遊べない」などなど。やはり、広大なアメリカ軍基地が戦後66年がたっても居座り続け、県民の命と暮らしを脅かしていることに、こうした人物と言動が出てくる根源がある。
 ただ、今回とても救われる思いがするのは、メア講義を受けた学生が、昨年12月に沖縄を見て、実際の沖縄と県民はメア発言とは違うと感じ取っていることだ。
 「琉球新報」8日付によると、学生は、激戦地・糸満の轟の壕に入り、沖縄戦の体験を聞き涙を流したり、普天間基地を見て、民間地に近く危険だと感じた。稲嶺名護市長と面談し、「沖縄はまだ軍と戦争に囲まれている。米国は沖縄の人々を傷つけている」と思った。米軍ヘリパット建設が進む東村高江で、抵抗する住民の姿に「わずかな人数で大きな米軍と闘っている」と勇敢さに驚いたという。
 メア発言の実際の沖縄の現実との乖離に気付いたという。
 アメリカの若い学生たちが、素直な目で見れば、他国の美しい島に、巨大な米軍基地が存在し続ける沖縄の異常さは感じ取れるはずだ。メア発言は、アメリカ人にも受け入れられないものであることがよくわかる。

« 「トイレの神様」のおばあちゃんは沖永良部島出身だった | トップページ | 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あまりにも県民を愚弄した、低劣な発言ですね。普天間基地は伊丹や福岡空港と同じだとは、いったい米総領事時代、どこに暮らしていたのか、と思います。今回の発言には、農業関係者も経済界も黙っていませんよ。ああいう人物が米国務省の日本部長として、対日外交にあたっているとは、日本政府も黙っていていいんですか。琉球新報の社説で、今回の発言にたいして「永田町・霞が関で追及する動きが乏しかったことは理解に苦しむ」と書いてありましたが、結局その程度の認識なんでしょうね。日米合意を金科玉条にしている今の民主政権にしてみれば、メアの発言になど、とても抗議などできるはずがない。この際、県民大会でもやったらどうでしょうか。

 メア発言は、沖縄だけでなく、日本政府も馬鹿にされているので、黙っていられない。なのに民主党政権は黙殺するようですね。国会ではこれからまだ問題になるのでしょう。メアを日本部長に据えているオバマ大統領が問われるでしょう。メア発言は、個人的な問題ではない。むしろアメリカと軍の本音を語っているので。メア発言で唯一、肯定できるのは、憲法9条は変えない方がよいと言っているところだけですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で猛反発を受けるメア発言:

« 「トイレの神様」のおばあちゃんは沖永良部島出身だった | トップページ | 首里金城町の石畳道周辺を歩く、その1 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30