無料ブログはココログ

« 読谷村の「ゆんた市場」で楽しむ | トップページ | 死亡事故を起こしても米軍公務なら不起訴とは »

2011年4月26日 (火)

琉球には「ティダ(太陽)」の旗があった

 読谷村で、復元された進貢船を見たことを書いたので、ついでに進貢船の旗、ノボリについて書いておきたいことがある。020

 琉球王府が、中国に派遣していた進貢船は、上の写真の復元した船には見当たらないが、古い絵を見ると、三角旗に「日の丸」があしらわれている。
 これは進貢船だけではない。沖縄の古くからの伝統ある祭りや踊りを見ていると、女性たちが、白地に赤丸の扇子をもってよく登場する。これもはじめは、なぜ伝統ある踊りに「日の丸なのか?」と疑問に思った。でも、それは、琉球王国の時代に対する無知から出る疑問だった。
 船に着けている旗、ノボリは幾種類かあるが、かならず一つは「日の丸」がある。これは当然、明治政府が「日の丸」を国旗として扱うより何百年も前のことである。
 でも、それは大和でいう「日の丸」ではなかったのだ。赤い丸は、太陽そのものである。太陽神(ティダガミ)の象徴であった。
 古代から太陽は信仰の対象であった。太陽は自然の恵みの最たるものであり、信仰の対象と見るのは、日本でも世界各地でも見られることだ。Photo_3

 だから、「日の丸」とはいわない。「日輪」といわれる。
伝統ある踊りでも、扇子で使われているのは「日輪」である。エイサーでも、ティダの扇子を使ってよく踊る。

126
 「かねて琉球船の“船印”でもありました。ただし、これはフリルをつけた三角旗で、航海の無事を太陽神に祈る意味で使用されたものです」。与並岳生著『新琉球王統史20 尚泰王下』では、こう指摘している。日輪旗は太陽神の象徴なのだ。
 右上のイラストの船は、わかりにくいが、中央マストの上から2つ目に、日輪の三角旗が見える。ちなみに、日輪の三角旗の下には「上日」を一字にした文字と「帰国」の文字が見える。前のブログに書いたように、天候に恵まれて航海を無事に終えて帰国できることを太陽神に祈っているのだろう。
009  日輪は、船舶だけでなく、王府が建てる石碑にも、シンボルとして刻まれているそうだ。琉球船は、日輪旗とともに、「航海安全を天に祈って北斗七星旗を掲げ、さらに海の魔を刺すためのまじないにムカデ旗なども掲げています」(同書)。
 だから、日輪旗は日本の「日の丸」とは、年代からいっても由来からいっても、まったく関係ない。
 日本の船印の日章旗の始まりは、1854年に琉球を支配していた薩摩藩の島津斉彬や徳川斉昭らの進言で、徳川幕府が日本の総船印に「日の丸」を用いるよう布告したためだという。
 島津斉彬が、その支配下にあった琉球の日輪旗を知っていたかどうかは分からない。常識的に考えれば、無関係だろう。つまり、琉球を植民地のように扱っているのだから、その日輪旗を幕府に進言するとは考えられないからである。
 「日の丸」は、軍国日本の無謀な戦争のもとで、侵略のシンボルのように扱われた歴史がある。ただし、沖縄では悲惨な沖縄戦のあと、アメリカの統治下に置かれたため、「日の丸」が異民族による支配への抵抗のシンボルとして掲げられた歴史もある。ただ、それももう過去のことである。日本に復帰しても、米軍基地の重圧は何ら変わりがないからである。

 写真は、沈む太陽。光る川面は漫湖である。記事とは無関係。

« 読谷村の「ゆんた市場」で楽しむ | トップページ | 死亡事故を起こしても米軍公務なら不起訴とは »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

進貢船のムカデ旗はおもしろい形をしていて特徴的なので覚えがありますが「日輪旗」は見逃していましたね~。祭祀で女性が日の丸のうちわを持って踊るのはよく目にしますが。日章旗の歴史って沖縄独特のものがあるんですね。

 進貢船にはいろんな旗、ノボリがあるけれど、それぞれみんな意味があるんですね。
日輪旗は進貢船の絵を見かけるとき、注意して見るとありますよ。太陽(ティダ)を崇めるのはどこでもあったようですが、それを旗にして船に着けたり、扇子の模様にして踊ったりしたのは、それだけ沖縄は太陽への思いが強かったのでしょうね。

関係がなかったんです。「日輪旗」のような旗は明時代の中国でも広く使われてた、船だけではなく、城にも同じ旗が挙がられた。なので、いったいその源流はどうだったのか、また検討する必要があるよね。

りさん。コメントありがとうございました。
日輪の旗は、中国の明時代にも使われたんですね。古来、太陽は信仰の対象になったから、古くから船や城に使われたのも自然な姿かもしれません。
 沖縄の古い祭りで、太陽を描いた扇子を持った踊りを見ていても、太陽への信仰の名残りのような感じを受けます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球には「ティダ(太陽)」の旗があった:

« 読谷村の「ゆんた市場」で楽しむ | トップページ | 死亡事故を起こしても米軍公務なら不起訴とは »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30