無料ブログはココログ

« 勝連沖の島々、その2 | トップページ | ヒヤミカチ東北節 »

2011年4月15日 (金)

喜如嘉のオクラレルカ

 芭蕉布の里でしられる大宜味村喜如嘉032_2(オオギミソンキジョカ)で 、いまオクラレルカが見ごろである。山間の水田は、紫色の花が一面に広がっている。

 オクラレルカは、花菖蒲の一種だそうで、本来は、葉を生け花用として、本土に出荷しているという。

 昨年も見に来たが、なんか昨年より葉の丈が長い感じ。花の咲きもよい。033  

111  売店では、5本100円で売られていた。見ていると、おじいがまだ花が開かない蕾の茎を切り取って集めている。どうするのかとおもうと、蕾のものも売るので、束にしてバケツに入れていた。「蕾はどれくらいで咲くんですか?」と尋ねると「もう今夜から咲くよ」という。随分早く咲くんだ。037

 オクラレルカだけではなく、コスモスも咲いている。115 

 コスモスといえば、秋桜と書いて大和は秋の花と思い込んでいるだろうが、沖縄は春に咲く。花菖蒲もコスモスもつつじもだいたい同じ頃さくのだ。

 オクラレルカの咲く中に、別の花があった。122

 ポンテデリアというらしい。オクラレルカとともに、売店でも売っていた。

 もう一つ、花ではないが、生け花に使う茎のようなものも植えていた。フトイというそうだ。120

 野鳥がたくさん水田には来るそうだ。フトイの間にも、鳥がやってきていた。119_2

 「野鳥の楽園」の看板も立てられている。060

 「喜如嘉のターブク(水田)みんなで守ろう」と呼びかけている。喜如嘉小学校の子どもたちが設置したものだ。
 この看板と合わせて、「おや?」と思う看板があった。それは、「ネコをはなすな!」と注意喚起をしている看板である。042

 はじめて見た時は、意味不明の感じがしたが、よく見ると簡単である。つまり、ネコをはなすと野鳥がせっかく飛んできても、ネコにやられてしまうということだろう。
 子どもたちが撮った野鳥の写真展も行われていた。048

 こんなにたくさんの種類の野鳥が飛来してくるのか、と驚くほどだ。それに野鳥をうまくとらえて撮影するのは難しいはず。でもとても上手に撮られていて感心する。049

051  

 野鳥は望遠で撮影しないとこんなに大きく、鮮明には撮れないはず。喜如嘉の小学生はエライ!

 

 オクラレルカに周りには、喜如嘉保育所の園児による看板もたくさんあった。
059 「ターブクでできたやさいだいすき」と書いてある。
小学生も保育園児も、ターブク(水田)をとても大事にしていることが、スゴイと思う。

 売店では、オクラレルカだけではなく、島らっきょうなど野菜類も売っていたが、いまいち欲しいものはなくて、今回はパスした。

112

« 勝連沖の島々、その2 | トップページ | ヒヤミカチ東北節 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

喜如嘉小学校のこどもたちの野鳥の写真のタイトルにはよくみると「リュウキュウヨシゴイおっかけ隊」と書いてあります。そういう種類のコイがいるんでしょうか?野鳥の写真は玄人はだしの子もいて驚きました。地元の子どもたちが喜如嘉を愛する気持ちがよく伝わってきました。オクラレルカは確かに去年より背が高いように感じましたが、今年は去年より寒い日が多く、日照も少なく、例年より開花も遅れたとのことですよね。そうすると、背丈が去年より伸びるほど生育環境がよかったわけではないと思うのですが・・・?
今年お初の蛙の鳴き声を聞きました。初夏ですねえ。それにしてもオクラレルカの束を買って帰る方は、ウシーミーまでには開花しちゃうし、あんな背丈のある花、活けられるなんて大きな一戸建てのおうちに住んでるんでしょうね。どうでもいいことだけど。うちは買ってきてもいいけど活けるところがないし、ネコに食べられるからダメですね。

 野鳥は看板の絵をみても、小学生の写真を見ても種類が多いので、よくわかりませんよ。でも「コイ」という鳥は知りませんね。池の鯉以外には。ことしは、寒くて開花が遅れたわりには、成長がよくて丈が高いとは、なんか変ですね。
 昨年は狐の顔に似たフォックステールとかいうのが売店にあったけれど、今年は見なかった。オクラレルカは、生け花に使うというけれど、震災の影響はないでしょうかね。菊の花は需要激減で被害が大きいそうですけれどね。

オクラレルカって初めてしりました。バサーで有名ですが、喜如嘉って良いところですね。
「リュウキュウヨシゴイ」は鯉ではありませんでした。ゴイサギと呼ばれる鷺がいるように、サギの仲間です。(早速ググってみたのですが)
下記サイトに写真がありました。
http://www.yachoo.org/Book/Show/57/ryukyuyosigoi/
それから、マヤーの件ですが、昔からヤンバルクイナの天敵?として嫌われているようですよ。我が家にも性悪が一匹いますが。

hijigwaさん。さっそく教えていただいてありがとうございます。「ネコをはなすな!」という看板にゴイサギの絵もありますね。やっぱりヤンバルクイナにネコは天敵なんですね。そういえば、喜如嘉ではネコを見なかったです。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜如嘉のオクラレルカ:

« 勝連沖の島々、その2 | トップページ | ヒヤミカチ東北節 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30