無料ブログはココログ

« 男女のデュエット曲の難しさ | トップページ | 波上宮の「なんみん祭」を見る »

2011年5月13日 (金)

嘉手納がまた狙われた

 海兵隊普天間基地をめぐり、米上院軍事委員会のカール・レビン委員長らが、名護市辺野古移設は「実行不可能」として、米空軍嘉手納基地への統合を中心とする移設案を検討するようゲーツ国防長官らに求める声明を出したことに、沖縄ではあらたな驚きと怒りが噴出している。
 もう嘉手納統合案は、何度も出てきてそのたびに反対の声と米軍も無理として消えた案だ。つい一昨年来、当時の岡田外相が言いだして猛反発を受けて、消えたばかりだ。
 なんで、また嘉手納が狙われるのだろうか。一つには、辺野古移設案が、名護市、宜野湾市だけでなく、県知事を含めて県内移設反対で一致し、辺野古移設は誰の目にも不可能であることが見えているからだ。政府は、日米合意を振りかざすけれど、それはまったく破たんしていることを、米上院軍事委員の有力議員も認めざるを得ないということだろう。

006          写真は米空軍嘉手納基地

 声明では、嘉手納基地の空軍機能の一部をグアムや日本国内の他の地域に分散させる、などと言っている。そんなごまかしはもう通用しない。當山宏嘉手納町長は、「現在でさえ、受忍限度を超える騒音、悪臭被害を被っている。どのような理由、条件でも断じて容認できない」(「琉球新報」5月13日付)と断言している。町議会も緊急に臨時議会を開いて抗議決議を可決する予定だ。仲井真知事は、負担が軽減されるなら話の入り口になるかのようなことを口走った。それは、地元自治体や県民の声に反する危うい態度だ。それに、知事自身も、県内移設に反対することを明言してきたことを、もう忘れ始めているのだろうか。そんなことはないだろう。

057  上の写真は、普天間基地の県内移設反対の県民大会。挨拶する仲井真知事は、県民の前で県内移設反対を表明した。
 嘉手納基地は、負担軽減と言いながら、実際には外来機の飛来が常態化して、騒音は減るどころがひどくなっているのが実態だ。4月28日には、夜間・早朝の航空機の離着陸禁止など求めて、実に2万2058人の大原告団が第3次嘉手納爆音訴訟を起こしたばかりである。住民は、人間らしく生きる権利を侵害され、もう我慢の限度を超えている。
 しかも、普天間には垂直離着陸輸送機МVオスプレイが配備されることが明らかになったばかりだ。欠陥機と言われる同機も移設することになる。嘉手納基地周辺の住民は、米空軍機による爆音や墜落の危険に加え、オスプレイをはじめ海兵隊のヘリコプターによる騒音、墜落の危険にもさらされることになる。そんな無謀なことは許されない。
 これから、周辺住民と自治体、県民の反対と抗議の声が急速に盛り上がるだろう。辺野古が不可能なら、嘉手納も不可能である。移設先探しをする限り、行き詰る。普天間基地は、やっぱり閉鎖して、アメリカ本国に帰ってもらうのが、一番の解決の道ではないだろうか。

 

« 男女のデュエット曲の難しさ | トップページ | 波上宮の「なんみん祭」を見る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

嘉手納統合なんてことが出てきたこと自体、「日米合意」の破たんを意味してるんじゃないですか。政府は今回の声明にたいして、アメリカの一議員が言っていることで、アメリカ政府が表明していることじゃないというような態度で交わしてますけど、そんな軽い立場の議員じゃないんですよね。今回声明文出したアメリカの上院議員て。
普天間の海兵隊を動かそうとしないから、結局県内に戻ってくるんですよ。「日米合意」撤回、普天間基地の無条件撤去しかないと思いますね。
それから4・25県民大会の仲井真知事あいさつでは、まだ県内移設反対は表明していなかったです。きちんと表明したのは知事選のとき。県民大会のときは「基地の整理縮小」まででしたよ。発言でふれたのは。大会に出席したこと自体に意味があったんですね、あの時点では。知事が県内移設反対かどうか、はっきりさせたのは、知事選の公約がはじめてだったと思います。
仲井真はそれで当選したようなものなんだから、「騒音軽減策になるなら話の入り口になる」なんて、もう公約を反故にするようなこと言いだしてますけど、県民から猛反発くらいますよ。

 軍事委員会の超党派有力議員だから、国防長官も交代になると、なにがしか普天間問題の政策に変化が出るのではという声もあるけれど、出されているのが嘉手納統合では、同じ県内移設だから、「最悪の選択」でしかないですね。それもダメなら「普天間は動かない」という脅しにされるでしょう。
 仲井真知事は、県内移設反対の県民大会に出席したことに意味があったんですね。そういえば挨拶の中味はよく覚えていないかも。知事は、嘉手納の負担軽減がされるなら入り口になりうると言ったけれど、また沖縄に帰れば入り口発言を取り消してます。でもこういう発言をすると、すぐ政府など「知事は話が分かる」ととるんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘉手納がまた狙われた:

« 男女のデュエット曲の難しさ | トップページ | 波上宮の「なんみん祭」を見る »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29