無料ブログはココログ

« 奥武観音堂の由来とハーリー | トップページ | 最も早い梅雨明けになった »

2011年6月 8日 (水)

危険な普天間基地になぜオスプレイか

 海兵隊普天間飛行場に、垂直離着陸輸送機МV22オスプレイを2012年から配備すると言う。世界一危険とアメリカも認める基地に、なぜ欠陥機と評されるオスプレイを配備するのか。県内では、自治体、住民ぐるみで猛反発が起きている。

004          「琉球新報」2011年6月7日付の紙面。

 防衛省は、オスプレイは米軍の主力になっており、安全だ、心配ない、と強調する。
 動画サイト「ユーチューブ」で、投稿されているオスプレイの墜落事故の映像を見た。ユサユサと揺れながら、斜めになり、落ちて火を噴いた。恐ろしい光景だ。「安全だ」と言う大臣、政治家は、まず自分で率先して搭乗してみることをお勧めしたい。
 米軍がアメリカ本国で配備、運用するのは勝手だ。でも、他国の、それも市街地のど真ん中にあって、周辺には公共施設や住宅が立ち並ぶ、危険な基地に配備するなんて、狂気の沙汰ではないだろうか。
 オスプレイは、「開発から運用段階にかけて墜落事故で30人以上が犠牲になっている」(「琉球新報」6月7日付)という欠陥機だ。昨年4月にもアフガニスタンでエンジントラブルから墜落し、米兵ら4人が死亡し、多数負傷したという。どこが「安全」なのか。
 騒音も、現行機CH46Eより静かだというのも、まったくのごまかしだ。誰も信用しないだろう。実際、着陸時の最大騒音レベルは現行機を上回ると報道されている。あのオスプレイの姿を映像で見るだけで「うるさそうだな」「あぶないなあ」と誰もが思うだろう。
 普天間飛行場のそばの沖縄国際大学構内にヘリコプターが墜落した事故の記憶は、県民にはまだ鮮明である。オスプレイが、市街地の住宅、学校の上空を飛び回る姿を想像するだけでも、市民には恐怖である。
                「琉球新報」6月7日付の紙面から。

003

 それにしても、オスプレイの配備は、早くから米軍は計画していたのに、日本政府は情報を隠し、ごまかし続けてきた。なのに、ここにきて急に、配備を公然化して県、関係自治体にまで伝えたのはなぜだろうか。
 普天間基地の辺野古移設が、県民ぐるみの反対によって、動かない。見通しもたたない。だから、辺野古移設を認めなければ、オスプレイを普天間飛行場に配備するぞ、普天間は固定化するぞ、という開き直りと脅しのためだと思わざるをえない。
 そんな身勝手な論理は通用しない。政府は、口を開けば、「沖縄の基地負担の軽減」を言う。しかし、実際の行動はまるで逆である。県民や自治体の意思を無視して、アメリカの都合だけを優先してごり押しするようなやり方は、許されない。どこの国の政府なのか、が問われるだろう。
 オスプレイをどうしても配備したいのなら、普天間基地はアメリカ本土にお引き取りを願い、その上で本国に移転した海兵隊基地に配備すればよい。沖縄県民はこぞって賛成するだろう。

« 奥武観音堂の由来とハーリー | トップページ | 最も早い梅雨明けになった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカに配備するときはアセスをしておいて、普天間に置くのはアセスもなにもなしですか。人口密集地にある普天間基地に配備すれば、事故があいついでいる危険なオスプレイの墜落事故が起きるのは誰が考えても明白。騒音だって「軽減する」と北沢防衛相なんかはいうけど、ホバリングなどでかえって増大するってよ。普天間に配備するのは、普天間の固定化を狙っているとしか考えられません。これまでオスプレイの配備を県民にひた隠しにしてきた政府の態度は県民を愚弄するもので、断固許せない。6月は沖縄にとって特別な月です。これ以上沖縄を戦場に直結するような事態を放置してはおけないと思います。

辺野古移設のアセスでも、オスプレイ配備などは、機種変更でアセスの必要性がないとはあきれるね。どういう機種かはアセスの大前提のはずなのに。普天間への配備はもう論外ですね。
 防衛省は、アメリカの説明の受け売りで、米側からオスプレイについてのまともな資料さえ提供されていないとは、なんでそれで「安全」「静か」などと言えるでしょうか。アメリカでも、住民の抗議で運用が中止になった例もあるそうですね。事前に非公式に説明を受けていたと伝えられる仲井真知事も、さすがに反対の姿勢だし、県内の反対の声は盛り上がるでしょう。

配備そのものに対して、各個人のご意見に何か言うつもりはありませんが
ちょっと気になったのでネットの隅から書き込みをさせていただきます

>動画サイト「ユーチューブ」で、投稿されているオスプレイの墜落事故の映像を見た。ユサユサと揺れながら、斜めになり、落ちて火を噴いた。恐ろしい光景だ。

・・・そらそうでしょう
「事故の映像」なんだからw

たとえば、あなたがスリップして事故を起こす車の映像を見たら危ないと思うだろうけれど
普段走っている車の映像を見て「危ない、危険だ、こんな乗り物が走っていてはいけない」と思いますか?

>騒音も、現行機CH46Eより静かだというのも、まったくのごまかしだ。誰も信用しないだろう。実際、着陸時の最大騒音レベルは現行機を上回ると報道されている。あのオスプレイの姿を映像で見るだけで「うるさそうだな」「あぶないなあ」と誰もが思うだろう。

さて、CH-46よりもうるさいと言いきる根拠を示していただけますか?
ちなみに、米国防総省はHPでCH-46殿騒音レベルを比較した情報を開示していますよ
それすらも「信用できない」のであれば、何を言ったところで無駄なんでしょうがw

>いくぼーさん
>事故があいついでいる危険なオスプレイの墜落事故が起きるのは誰が考えても明白。

事故が相次いでいるって、一体いつからいつまでの話をされているのでしょうか?
オスプレイは開発段階の1991~1997年の間に2機、低率初期生産段階の2000年に2機の墜落事故を起こしています
その後、10年間に200機以上が生産、実戦配備されていますが
それ以降に墜落事故を起こしたのは2010年に操縦ミスが原因と思われる1度だけです

ちなみに、ティルトローター自体が従来の航空機とは全く別の航空機である以上
開発が難しかったのはある意味致し方有りません(死者が出てしまったこと自体は非常に残念ですが)
開発段階の飛行機やジェットエンジン、ヘリコプターも多くの墜落事故を起こしてていますが
その事故の原因を調べ、対策を行うことによって実用に耐えうる信頼性を獲得していったわけですから

それから、皆さんに伺いたいのですが
もし沖縄に乗り入れてる民間航空会社がBA609で諸島間輸送をしたいと言ったら
皆さんは当然反対なさるんですよね?

 コメントいただきありがとうございます。オスプレイがそんなに、従来のヘリコプターより「静かで安全」なら、なんでこれまで配備の計画があったのに、政府はひた隠しにして、誤魔化しいたのでしょうね。早く発表した方がお得だと思うのに。それに、辺野古移設にあたってのアセスメントもしないというけれど、「静かで安全」であれば、おおいにアセスをやって、その「成果」を発表する方がはるかにお得なはず。隠そう、隠そうとするほど、沖縄県民は不信と疑惑の目で見ます。それは、これまで、基地をめぐるアメリカと政府の対応が、うそやごまかしが多過ぎたので、信用したくても信用できないからでしょう。
 車の事故の映像を見ても、車が欠陥車だとは思わないけれど、オスプレイの墜落の映像を見ると、寒気がするのはなぜでしょうか。開発段階で4回墜落し、30人が死亡しているのも事実です。欠陥機との評判がたったのも、根拠ないことではありません。
 騒音についても、米海軍と海兵隊が09年にまとめた環境影響評価(アセスメント)では、着陸時の最大騒音レベルでは、最大値83デシベルで、CH46Eの79デシベルを上回ることが、「琉球新報」6月8日付けで報道されています。それに、「静かで安全」を裏付ける根拠のある資料、データも県にたいしても示されていない。沖縄県民の配備反対の声はもっと高まるでしょう。

どなたか名乗らずに私のコメントにコメントいただいたようですね。自分の意見を表明するときは、うしろめたさや不安などないなら堂々とまず名乗っていただきたいものです。さて私のコメントにたいするななしのごんべえさんのコメントは、要するに「事故はあいついでいない」ということを事細かに「証明」していただいているようです。「事故があいついでいるならいつどこでか述べてみよ」とおっしゃっているようです。墜落事故は現に起きています。戦場で。それが1回かたくさんかはこの際私は問題としません。
では沖縄国際大学に墜落したCH-53ヘリはどうだったのでしょうか?だれが墜落すると予測したでしょうか?私が言いたいのは、人口過密の普天間基地にオスプレイを配備した後、沖国大のような事故が起きないと、誰が保障できるのか、ということです。CH-53だって予測できなかった。いまだって超低空飛行で住民を危険な思いにさらしているんだから、もうこれ以上そんな生活から住民、県民を解放してほしいということです。それともななしのごんべえさんは墜落事故が起きないと保障できるんでしょうか。今より静かになるというのでしょうか。超低空飛行はなくなるというのでしょうか。
民間機と戦闘機を同一にあつかわなうのもおかしいですね。
戦闘機は戦争で攻撃をしかけるもの、民間機はたんなる旅客機。本質からして違います。
オスプレイが大丈夫と力説されるのなら、ななしのごんべえさんのおたくで離着陸していただいてはいかがですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/40319347

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な普天間基地になぜオスプレイか:

« 奥武観音堂の由来とハーリー | トップページ | 最も早い梅雨明けになった »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30