無料ブログはココログ

« 琉球かすりの里を歩く | トップページ | 屋慶名ハーリー大会を楽しむ、その2 »

2011年6月13日 (月)

屋慶名ハーリー大会を楽しむ

 勝連半島の屋慶名(ヤケナ)でハーリー大会があるの001 で出かけた。豊漁や航海安全など願い行われる爬龍船の競漕、ハーリーは旧暦5月4日が多かったが、屋慶名は一週間遅れて開催したので、ちょうど見に行くのに都合がよかった。

 屋慶名は、合併でうるま市になる前は、与那城町の役場が置かれていた地域だ。琉球王府の時代は、番所(役所)もあった。民謡の「屋慶名クワーディーサー」で歌われたクワーディーサー(コバテイシ)の見事な大木があったそうだ。闘牛やエイサーも盛んだ。

 ハーリーの行われる屋慶名港は、海中道路が出来る前は、勝連半島の沖にある平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島などに渡し船が出る港だった。この港から、人も生活に必要な物資も運んだという。  002

 港に着くと、すでにハーリー舟を飾って会場の本部テント前に並べられていた。ここ041 もやはり、東西の2隻の舟で競う。拝ん(ウガン)ハーリー、職域ハーリーなどレースがある。余興として、全島沖縄角力、子ども相撲などもある。もちろん、芸能舞台も用意されている。
 プログラムは、コピーして配布してくれない。本部テントの前に張り出された紙で見るしかない。
 出場チームを見ると、中学生、高校生もでる。小学校、中学校のOBやPTA、居酒屋の牛心、結(ユイ)、会社、病院、平安座ハリーポッターガールズ、はーえーごんごんといった仲間のチームも出る。
 初めは、出場者が勢揃いして、きちんと開会式があった。013若者からおじさん、おばさんのチームもある。

 ハーリーの前、エイサーが披露された。2,3歳くらいの子どもまで演じる。お母さんらしき人が、懸命に踊りを誘導するが、チビちゃんは、なかなかうまくは踊れない。でも出るだけで可愛い。

019
  026 拝んハーリーが始まった。屋慶名は、先日行った奥武島のような見にくさはない。屋慶名港の向かいは藪地島(ヤブチジマ)で、ちょうど島に囲まれ、狭い屋慶名海峡があって、天然の航路と良港のようになっている。ハーリーの出発からターンをして帰ってくるまで、とてもよく見える。

  職域ハーリーなど対抗戦が始まると、応援も熱が入る。花笠をかぶったおばあの集団が、始まる前から、ハーリー鉦(カネ)や太鼓を打ち鳴らし、三線はなしで歌を歌いまくっていた。

005 036  ハーリーが始まると、テントに座ってはいられない。岸壁の前まえ出てきて、盛んに応援する。打ち鳴らすハーリー鉦が面白い。008 037

 

 一つの鉦は「屋ケ名闘牛組合」、もう一つは「屋慶名自治会」の名が見える。他の地域のハーリー鉦はもう少し小さいが、こちらは大きい。
 

 このおばあたちの応援は、なんかこの前、見に行った平安座島(ヘンザジマ)の「サングヮチャー」で、海の中の島にタマンの神輿を担いで若者が行った時、浜辺で迎えて応援するおばあたちにそっくりだ。この与勝あたりでは、こういうおばあたちの応援がどこでもあるのだろうか。ハーリー大会を盛り上げる主役になっている。
 まだ書くことがある。長くなるので、次にしようね。

« 琉球かすりの里を歩く | トップページ | 屋慶名ハーリー大会を楽しむ、その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

屋慶名のハーリー大会は、糸満や奥武島みたいに、始まる前に御願所に御願しにいくんですかね。御願ハーリーをやるのは、他とも共通してます。西が勝ちましたよ。おばあたちの応援というか、声援はすごいですね。もうハーリー大会が始まる1時間ぐらい前から、ハーリー鉦や太鼓を叩いてはなやかしている。チムドンドンしちゃって、「もうじっとしてるなんてできない!」っていう感じなんでしょう。テントのなかで太鼓を叩いていたおばあたちはサングワチャーのことを話題にしていましたから、平安座島から来たのかもしれません。爬龍船をはじまるまで飾っておくのもユニークです。それにしても、ここにもアマカメラマンが撮りに来て、我先にと、おばあにポーズの注文つけたり、爬龍船に群がったりして、「民俗的な関心が沸くのは当たり前だけど、そこまでして写真に収めるのはいかがなものか」と思うよ。
屋慶名ではチビちゃんから小学生まではエイサー、中学生になってからハーリーを漕げるのかもね。
最初の対抗は中学生対高校生だったから。1秒差で高校生が勝ったけど。
ハーリー大会の日は屋慶名のお祭りだから、夜遅くまで地元の人たちは酒盛りなんかするんでしょうね。
「ユッカヌヒー」は「子供におもちゃ」って決まってるからテキヤもおもちゃばかり出るけど、屋慶名ではそういうのなかったですね。

 拝んハーリーは、どこかに御願する様子ではなかったですね。屋慶名ハーリーは、規模は大きくないけれど、いかにも地域のみんなこぞって参加して楽しんでいる雰囲気。ハーリーにもみんな出るから、テント内に設けられた一般観客席には、そんなに人が多くなくて、おばあたちが目立ってました。すぐ横のテントでは、バーベキューセット、野菜、肉、缶ビールをたくさん持ちこんで、昼間から焼きはじめてたよ。
 ハーリーが終われば、角力大会や民謡、芸能で夜まで楽しむんでしょう。いい祭りですね。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋慶名ハーリー大会を楽しむ:

« 琉球かすりの里を歩く | トップページ | 屋慶名ハーリー大会を楽しむ、その2 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30