無料ブログはココログ

« もう一つの「門」(ジョー)がある | トップページ | 浦添の仲間の拝所をめぐる、その2 »

2011年7月29日 (金)

浦添の仲間の拝所をめぐる、その1

 浦添市の仲間集落を歩いた。ここは、浦添城跡のそばにあたる。浦添グスク(城)は、琉球の舜天王統、英祖王統、察度王統という伝説上の王統を含めて、中山王の居城だった。琉球統一とともに、中山王は首里城に移ったが、ここは由緒ある古城の地である。

005  そういう歴史ある場所である仲間集落は、古い拝所がいくつもある。集落の中心001 にある自治会館から歩いてみた。
 自治会館の敷地内に上写真の「仲間ンティラ」がある。ティラ、テラと呼ばれる拝所は、寺ではない。多くは、洞穴になっている。ムラの神が鎮座していると考えられている。ここも横穴の洞穴がある。

 沖縄戦で失われ、現在は洞穴一帯は埋め立てられ、再建した祠の中から洞穴に入る形に変わったという。
 仲間の拝所は、史跡の標柱や案内板、説明板がしっかり立てられていて、探すにも分かりやすいし、由来なども説明があってよく分かる。

002

 仲間ンティラはじめ各拝所は、旧暦正月の初拝みから、5,6月の稲二祭(ウマチー)、12月の御願解(ウガンブドゥチ)などの年中行事には、ムラ拝みで回るそうだ。

 006  神聖な場所だが、その側の大きなガジュマルの木は、枝をバッサリ切り落として、バスケットゴールが取り付けられていた。広場があり若者が来るのだろう。

 014  すぐ近くに仲間樋川(フィージャー)がある。浦添市内で最も大きい井泉の一つ。仲間集落の村カー(共同井戸)として大切にされてきた。泉から樋で水を引いているので樋川という。
昭和10年(1935)コンクリートの近代的な改修がされた。上部の水タンクに水を貯め、次に洗濯などする「平場」をへて、最後は農具や農作物を水洗いしたり、馬の水浴びなどする「ウマアミシ」にたまるように造られている。

  011
沖縄戦で大きな被害を受けず、仲間の収容所に集められた数千人の人々の生活水をまかなった。上水道が整備される昭和40年代まで、水を利用する人たちでにぎわったという。

018 いま夏休みで子どもたち10人ほどが集まり、水遊びに熱中していた。グッピー(小さな魚)がいると言って、網ですくったり、水かけをしてはしゃいでいる。楽しくてたまらない様子。時間の立つのも忘れるだろう。中学生らしいニイニイが一人いて、しっかりリードしていた。013  子ども時代に、田舎の川で遊んだことを思い出す。懐かしい光景だ。

 仲間村の草分けの家「根殿内」(ニードゥンチ)があった。草分けの家は普通、「根屋」(ニーヤー)だが、仲間では殿内という言葉が敬称され、「根殿内」と呼ばれているそうだ。

021 説明板によると、浦添の歴史の中心は仲間村であったと伝わっているという。やはり由緒ある集落である。この「根殿内」は、与那覇門中(ヨナハムンチュウ)によって維持・継承されてきているという。門中とは、男系血縁集団のことである。門中が管理しているからだろうか、きれいに清掃されている。
 022 中には香炉など置かれているが、灰が盛り上がるほどあり、いつも祈願に来る様子がうかがわれる。

024_2  近くに「御待毛」(ウマチモウ)の案内板があった。仲間のこの付近は、琉球王府の時代、仲間村を通る二つの公道の分岐点だったので、首里と地方を往来する国王や役人を村の人々が出迎える場所だったことから「御待毛」と呼ばれた。023

« もう一つの「門」(ジョー)がある | トップページ | 浦添の仲間の拝所をめぐる、その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

仲間の拝所は、説明板がきちんと整備されていて、わかりやすいです。やはりここの集落が浦添の中心だからでしょうか。フィージャーで夏休みの子どもたちが遊んでいるのを見て、「昔は収容所の人々が恩恵にあずかり、いまは子どもがその豊かな湧水の恩恵をあずかっておるのだな」と思いました。フィージャーに拝所はありましたか?正面から見回したけど、それらしきウコウロも石もなかったですよ。仲間の拝所を紹介した個人のブログはたくさんあるので、多くの人が仲間の拝所廻りをしているようですね。
根殿内内のウコウロの右端上に飾ってあった、菩薩様のような絵は何を意味するのでしょうか。
とにかく拝所廻りは楽しいですね。そのムラの昔の成り立ちというか、「どういうムラであったのか」ということがなんとなく想像できます。

 仲間は中山王が浦添グスクにいた当時からの歴史をもつ由緒あるムラなんですね。仲間ンティラで、テラ、ティラは沖縄・奄美に分布していて洞穴のあるところだと書いてあったけれど、あちこち集落を見たけれど、洞穴はあるけれど、ティラ、テラという名前の場所はここが初めてでした。拝所の香炉はウコウロというんですか。御香炉と「御」を付けた呼び方でしょうね。
 仲間樋川は大きいし、川があまりない中南部の子どもにとっては絶好の水遊びの場です。夏は、セミ採りと水遊びでしょう。根殿内の中の絵は近くで見ないと分からない。カギがかかっているからよく見えないですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦添の仲間の拝所をめぐる、その1:

« もう一つの「門」(ジョー)がある | トップページ | 浦添の仲間の拝所をめぐる、その2 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30