無料ブログはココログ

« ウチナー旧盆風景 | トップページ | 八重山の教科書めぐる危うい動き »

2011年8月16日 (火)

沖縄の終戦記念日はいつ?

 8月15日の終戦記念日は、沖縄ではいまひとつピンとこない。というか、この日に追悼行事はあまりない。というのも、牛島司令官が自決し、日本軍の組織的戦闘が終わったとされる6月23日を慰霊の日としているためだ。でも、1945年6月23日が沖縄戦の終結の日とはならない。まだ、各地と離島で、山やガマに隠れて抵抗を続ける日本軍と住民がたくさんいた。だから、8月15日の天皇の玉音放送と終戦の事実も知らないままだ。
 米軍の捕虜になった住民は、各地の収容所にいたが、日本軍の降伏を通訳から聞かされたという。自宅でラジオを聞ける状態ではない。033          沖縄戦の犠牲者を祀る魂魄の塔

 沖縄戦の公式の終了は、1945年9月7日である。日本の降伏調印にともなって、沖縄本島を含む南西諸島の日本軍代表3人が、越来(ゴエク)村森根(現沖縄市)で、降伏文書に調印した。この日を沖縄戦終結の日とすべきという人もいる。
 悲惨なのは、終戦も知らされず、なおもガマや山などに逃げ隠れたり、日本軍に虐殺された人たちもいることだ。
 南城市玉城糸数のアブチラガマでは、避難民百余人と傷病兵7人が米兵の呼び掛けに応じて壕を出たのは、8月22日だった。3月24日にガマに避難した糸数集落の住民は、なんと5ヶ月ぶりに太陽の光を浴びたという。ここでも、住民虐殺事件が起きている。
 久米島では、島に配属された海軍通信隊(鹿山隊、40人)が住民をスパイ視して殺害する事件が相次いだ。8月15日以降も、住民に投降を呼びかけた仲村渠(ナカンダカリ)明勇さんと妻、子どもの3人が浜辺の小屋で刺殺され放火された。朝鮮出身の谷川昇さんの一家7人にスパイ容疑をかけて、子どもの手を引き、乳飲み子を背負って逃げる妻や娘2人、昇さん
を殺害した。狂気の沙汰である。こうした虐殺の責任者の鹿山兵曹長は、平然と生き延びて、降伏調印の場に現れたという。023          写真はアブチラガマではない。糸満市の陸軍病院本部壕。

 日本政府の無条件降伏である終戦記念日は、沖縄にとっては、米軍の横暴な占領と支配のスタートを意味する。9月7日の降伏文書調印によって、沖縄、奄美は日本本土から切り離され、米軍の直接統治のもとに置かれたからだ。

 危険な基地として住民が閉鎖を求める宜野湾市の普天間飛行場も、占領のもとで建設が進められた。米兵のよる女性への暴行も、沖縄戦の初期のころから多発した。8月には、玉城村(現南城市)や金武村(現在町)などで、家族と食料を探していた女性が複数の米兵に山中に連れ込まれ暴行されるなどの事件が起きた。

 これらの記述は、主に「琉球新報・沖縄戦新聞」から紹介した。 

« ウチナー旧盆風景 | トップページ | 八重山の教科書めぐる危うい動き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本土では家にラジオがあってラジオが情報源だったから天皇の放送=「玉音放送」を普通に聞いたかもしれませんが、沖縄ではラジオなんて高価なもの、なかったですよ。聞く習慣もなかったと思いますよ。
 沖縄戦の「終結」とは本当に悲惨ですね。牛島が「最後まで戦え」などと遺言したから、各地で戦闘がつづいたんじゃないですか。沖縄戦さえなければ、なくさなくていい命がなんと多かったことか。奪われずに済んだ青春が、人生が、なんとたくさんあったことか。最初から沖縄戦での沖縄人の位置づけは、日本軍の、監視する対象だったんですよね。沖縄人は日本人じゃないから。
 でもおとといの終戦の日はrbciラジオの「ミュージックシャワー」のリクエストテーマは「平和を願う曲」にしぼってましたね。毎週月曜日はテーマ設けてやるのに。沖縄の新聞などのメディアのとりあげることも終戦より原爆投下のことの方が大きい感じがします。

 沖縄戦によって8月15日に自宅で終戦を迎えた人、家でラジオを聞いた人なんてほとんどゼロに近いでしょう。避難し、収容されたり、隠れたりですから。米軍が上陸したあとでも、首里陥落の時点で司令部が降伏していれば、南部の悲劇はなかった。牛島司令官の息子さんもこの前、沖縄に来て、そのことをはっきり言ってました。
 沖縄戦で死ななくてもよい命がどれだけ奪われたことでしょう。日本軍はアメリカより怖かったといわれたのも、住民を足手まといとみたり、方言を話す県民はスパイとみる日本軍の本性によるでしょう。
 沖縄の報道は、6月23日でもう終わった感じでしたね。沖縄市では、9月7日を「沖縄市民平和の日」と定めています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/41237159

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の終戦記念日はいつ?:

« ウチナー旧盆風景 | トップページ | 八重山の教科書めぐる危うい動き »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30