無料ブログはココログ

« 志多伯の伝統芸能はすごい! | トップページ | 浦添市沢岻の拝所を巡る、その1 »

2011年9月24日 (土)

台風は沖縄と大和では違う

 台風15号が、東京では通勤で大混乱が起きたと話題になっている。この台風は、沖縄では、暴風域もないまま大東島の周辺で停滞し一回転して、本島には結局来なくて被害なし。週末で祭り、イベントが中止になるなど迷惑だけかけていった。でも大和では、名古屋周辺で100万人が避難する大騒動になり、被災地の東北でも被害をもたらした。同じ台風なのに、なんかまるっきち影響が違う。
 というか、沖縄に住んでみると、沖縄と大和では台風の動向や影響が相当に違うことが、よく分かった。その違うをいくつか例にあげる。

①台風の勢力が違う。
 沖縄近海では、まだ発達途上のなので、勢力とスピードが違う。15号なんか時速9キロの自転車並みのノロさ。それが日本列島を縦断するときは時速50キロの猛スピードだ。今年はとくに、本島近くでノロノロする台風が多い。行き先もなかなか定まらない台風が多い。大和に接近する時は、もうだいたい進路は決まっている。
 台風は、フィリピンの東側あたりでよく発生するので、接近するまであまり日時がない。だから、発生するとすぐに接近となることがよくある。勢力が最初から強い台風だと、すぐに直撃して被害をもたらすので危ない。大和まで接近するには相当時間がかかる。

②台風一過は沖縄にない。
 このスピードの違うが関係するのか、沖縄は台風が通り過ぎても、なかなか影響から抜けない。通過後晴れ上がることはまずない。大和では、通過後すぐに晴れ上がったので大違いだ。

③台風の被害が違う
 大和では豪雨による河川の氾濫、土砂崩れが多い。今回のように大都市では交通混乱で大きな被害、影響が出る。
 沖縄で一番困るのは、強風で電線が切れるなど停電が多いこと。停電すると復旧も遅い。沖縄には大きな川はないので河川氾濫は少ない。大きな山は山原(ヤンバル)だけなので、大きな土砂崩れも少ない。建物がコンクリート建てなど台風仕様になっている。もともと赤瓦の家とフクギの並木で家を囲うのは台風からの防護に最適だし、家屋被害は少ない。サトウキビなど農作物の被害が大きい。通勤は、暴風域が接近するとすぐバスが止まる。学校なども休校になる。
 店の看板がない、というか看板に代わってコンクリートの壁に直接、店の名前など書き、風で看板が飛ばされないようになっているのが多い。このあたりも、台風仕様だ。

④台風の食べ物がある。
 離島では、今回のように台風が近海で停滞すると海が荒れ、食糧を積んだ船も止まる。だから大東島では、商店の棚が空っぽになり、食料品がなくなりかけていた。だから、日頃から、台風が接近すると非常時にそなえた食糧の備蓄が欠かせない。それに、停電で冷蔵庫が使えなくなっても困らない対策が必要だ。
 台風時に食べる定番料理がある。「ひらやーちー」である。小麦粉を練り、ニラなど入れたりしてフライパンで焼いたものだ。なるほど、よく考えた台風料理だ。大和では、台風定番料理は聞いたことがなかった。料理も台風仕様である。

⑤台風が恵みをもたらすこともある。
 大和ではあまり台風を喜ぶ人はいない。沖縄では、時と場合によっては、台風を歓迎することがある。なんといっても水不足の時だ。離島では雨が少ないと水不足になる。今年は石垣市など八重山では水不足だ。だから、雨だけもたらしてくれる台風に来てほしいという声もある。ただ今年は、先島に台風があまり行かない。いっても通り過ぎるだけで雨をたいして降らさない。夜間は断水にもなっている。
 台風が来ないと海水の温度が高くなり、サンゴの白化現象が起きることがある。適度に台風が接近して海水をかき回して、水温を下げることもサンゴを守る上では大切らしい。 

« 志多伯の伝統芸能はすごい! | トップページ | 浦添市沢岻の拝所を巡る、その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風仕様の食べ物には、あとソーメンチャンプルーというかソーメンイリチーがありますね。おきなわのスーパーでは、ヒラヤーチーの素よりソーメンの方が多く売ってるんじゃない。それも夏とかに関係なく1年中。お中元もソーメンとソーメンチャンプルーに一緒に入れるトゥナーが一番人気!
 それにしても今年は確かに台風の当たり年だとは思うけど、水の恵みをもたらしてくれる(とくに先島)台風が少ないんじゃない。雨台風だと、街も洗われるし必要だってタクシーの運転手のオジーが言ってたよ。
 沖縄は昔も今も天水に頼ってるから、「雨乞い御嶽」があちこちにあるんでしょうね。夜間断水してる八重山では、きっと司たちが大慌てでオンで御願していると思うよ。豊年祭やったのに。来年の豊年が微妙だなあ。
 台風は本土に行くと急速に発達して速度も増しますね。沖縄では、「台風一過」がないのは当然かもしれませんね。

 台風料理にはソーメンチャンプルーは欠かせない。やはり停電でも作れて保存ができるし、もってこい。ソーメンの消費量は全国上位でしょう。台風は、その中心より、雨雲はもっと外側にあるから、沖縄に台風が来ても風は強いけれど豪雨はすくないかもね。
 離島の中では、石垣島は山が高いので水は豊富な島なのに、それが夜間断水とはよほどのこと。ツカサ(神女)の御願が通じるといいですけれどね。台風は、年によっては八重山、宮古など先島ばかり行くことがあるのに、今年は本島ばかりだから、なかなかままならないね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/41987474

この記事へのトラックバック一覧です: 台風は沖縄と大和では違う:

« 志多伯の伝統芸能はすごい! | トップページ | 浦添市沢岻の拝所を巡る、その1 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30