無料ブログはココログ

« 八重山教科書問題の県民集会に出かける | トップページ | 三線名人の少年に驚く、離島フェアー »

2011年11月25日 (金)

「届け! 島々からの恵み」離島フェアー開く

「届け! 島々からの恵001 み」をキャッチフレーズに離島フェアー2011が今年も沖縄セルラーパーク那覇で開かれ、初日から出かけた。3日間の日程だ。

 開会のセレモニーがあるので、開場は午後1時なのに、離島食堂はその前から賑わっている。

002

 離島食堂ならではのメニューがある。久高島のイラブー(海へび)料理だ。でもまだ食べたことがない。いつか食べたいがいまのtころはまだパスだ。

005_2

 離島フェアーでは、渡名喜(トナキ)島のモチキビを買うのが恒例だ。お米を炊く時、少し入れて炊くと、とても美味しい。
 オープンとともに、つれあいがまっすぐに島のブースにかけつけた。なんとお目当てのモチキビが見当たらない! 「モチキビはないですか?」と聞くと、「ええ、今年は台風の影響でモチキビはできなかったんですよ」と言うではないか。ここにも台風の被害が及んでいたとは!
 粟国島ならあるのかな、と思って回ってみた。だが、やっぱり「台風でやられて⋯⋯」と同じ答え。二つの島とも本島に近いので、本島直撃の台風の被害をもろにうけたのだ。

 もう諦めて、他の店を見たり、食事をしていた。でも帰りにもう一度回っていると、波照間島の店があった。「波照間ならあるかも」と思って見ると、モチキビが並んでいるではないか。「おお、あるある」と大喜びして「3袋下さーい」と買い求めた。波照間島は、最南端の島だけに、今年は幸いにも台風の被害がなかったそうだ。

038_2   離島といえば黒糖。多良間島では恒例の黒糖のブロックを積み上げて販売していた。でもあいにくその前に、すでに隣の店で多良間黒糖を買っていた。写真は少しブレている。021  離島の泡盛の試飲は楽しみの一つ。なかでも与那国島の花酒は離島フェアーでしか試飲できない。舞富名の新酒と古酒(クース)の両方を飲んでみた。どちらも60度あり、口に含むとフワッと蒸発する感じの味わいだった。他では絶対に味わえない酒だ。

016 泡盛では、伊是名島に「金丸」という泡盛がある。琉球を統一した尚巴志の王統を倒して、第二尚氏の王統を打ち立てたのが金丸である。伊是名の出身で、国王になると尚円王を名乗った。金丸は、農民の出身で、水争いで島を追われて本島に渡り、その後王府に仕え、遂には国王になった人物だ。尚円以降、琉球王朝は安定し発展したので、いまでは島の誇りとなっているのだろう。

022  石垣島では、試食したジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)が、看板通りとてももちもちしている。他のとは一味違った味。さっそく買い求めた。家で飲む時は、ジーマミーが欠かせない。石垣の店と言えば、石垣牛。石垣に旅行した際、買いたかったけれど、買えなかったので、迷わずゲットした。015 宮古島とえばなぜか渦巻きパンが有名。渦巻のなかにクリームが包みこまれている。最近は、本島でもパンメーカーが作っている。でも食べてみると、やっぱり本場、宮古の方が、クリームの甘さが控えめで美味しい。「食べれば宮古」である。018  宮古島と言えば、今や超人気者となっているのが、交通安全、飲酒運転根絶を呼び掛ける「宮古島まもるくん」である。そのフィーバーぶりから、なんと今年の離島フェアーで「島おこし

奨励賞」まで受賞したのである。014 029

 「宮古島まもるくん」が、本島に渡ってきたのは初めてだろうか。昨年は見ていないから、そのハズだ。

 離島食堂では、魚のてんぷら、宮古そばを食べながら、当然、オリオンビール。それに今回は、伊江島でつくりだしたラム酒「イエラム」を試飲したが、もっと飲みたくなり、ミニボトルを買い、ストレートで飲んでみた。37度ある。サトウキビからつくるラムは、本来は沖縄にはピッタリの酒だろう。残念ながら写真はない。

007  まだ離島の芸能にふれていない。長くなるので次にしましょうね。

« 八重山教科書問題の県民集会に出かける | トップページ | 三線名人の少年に驚く、離島フェアー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ここでは書ききれないほど試食しましたね~。泡盛では「金丸」の島伊是名の泡盛のクース「いぜな」30度、720ミリリットル900円がおいしく、お手ごろ感があっていいなと思いました。だけど10月の産業まつりでもクース買って飲んでないし、わが家は泡盛系がたまる一方ですね。どなんもまだ残ってるし。
 伊江島はラム酒もおいしかったですけど、さすが落花生で名を売ってる島だけありますね。ジーマミ黒糖のほか、ゆで落花生をたくさん売ってましたよ、ほしかったですぅ。でも落花生そのものは中国産なんだよな。久米島の車エビ、素揚げにしたもの試食させてましたよね。あれも美味しかった。ところが最後に回ったときはもう試食させてませんでしたよ。割が合わないんでしょね。試食しても買ってくれないから。だって車エビ2500円と5000円の二種類だもん。
 私は西表島のブースで、ゲットウ粉末入り天然洗顔石鹸を4個500円で買ってきました。これあると、来年の離島フェアーまでもつんですよ。いま使ってるのも、去年離島フェアーで買った同じ店のゲットウ石けんですから。
 蜂蜜の店の、「南部で蜂箱設置させてくれる土地貸して下さい」っていう貼り紙だして売ってたの、おもしろかったですね。さすが養蜂が盛んなだけある~!
 離島フェアーは本日2日目も楽しみましょう!

 離島フェアーは、試食、試飲が楽しみですね。伊是名の泡盛は、古酒がまろやかでした。島ごとに泡盛もあって味わいがまた違います。泡盛をつくってなかった伊江島は、ラム酒をつくりだしたけど、離島フェアーでも表彰を受けたそうです。
 ゲットウの石けんは、いい香りがしてます。一年もつとはすごいですね。4こで500円はお買い得ですね。蜂蜜のことは次のブログにアップしましょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「届け! 島々からの恵み」離島フェアー開く:

« 八重山教科書問題の県民集会に出かける | トップページ | 三線名人の少年に驚く、離島フェアー »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30