無料ブログはココログ

« 沖縄の湧水を歩く、その1 | トップページ | 沖縄の湧水を歩く、その3 »

2011年12月14日 (水)

沖縄の湧水を歩く、その2

 首里城の西側にあたる桃原(トウバル)、儀保(ギボ)付近にもたくさんの井泉がある。

279  この写真は、琉球最後の国王だった尚泰の四男、尚順の屋敷だった松山御殿の裏側にあり、いまも尚家の屋敷内になっている。見事な石積みである。どんな干ばつでも水が枯れなず、住民を助けたという。金網で仕切られた屋敷内にあるが、井戸は拝所になっているので、「井戸拝み(カーオガミ)」の人は、自由に入れる。
 その2では、この井泉を始め、この付近の井泉を紹介する。

「wakimizu2.doc」をダウンロード

「wakimizu2-1.doc」をダウンロード

「wakimizu2-2.doc」をダウンロード

« 沖縄の湧水を歩く、その1 | トップページ | 沖縄の湧水を歩く、その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の湧水を歩く、その2:

« 沖縄の湧水を歩く、その1 | トップページ | 沖縄の湧水を歩く、その3 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30