無料ブログはココログ

« 雨続き、日照不足で野菜ができない! | トップページ | 那覇空港を自衛隊機が使う危険と被害 »

2011年12月19日 (月)

冬至前の夕陽

 ことしは、12月22日が冬至である。沖縄では雨続きとブログに書いたが、やっと18日の日曜から晴れ間が戻ってきた。夕方には、見事な夕陽が見えた。

001  ウチナーンチュ待望の晴れ間だから、ラジオで流れるリスナーの声も「やっとたまっていた洗濯ものを洗うことができた」「やっと晴れたので年末の掃除ができた」「晴れ間が続いてほしい」。そんな声があふれた。みんなの共通の思いだ。

005  わが家から眺める夕陽は、12月に入ると、沈む太陽が東へ東へ寄ってきて、とよみ大橋の橋げたを通りこして、はるかに東による。もうすぐ、最も東寄りに近づいている。

006  もう何回も夕陽の写真を撮り、アップしたが、真っ赤に燃える太陽が沈む姿を見ると、またもやデジカメで撮りたくなる。夕陽の美しさのなせることだ。

 011  雲を抜けていよいよ姿を地平というか、建物の影に沈める瞬間だ。

012_2  こういう夕陽が見える日がもっと続いてほしい。

003  太陽が沈んだあとは、宵の明星である。いま空気が澄んでいるから、なんとか金星の姿がカメラにも入った。

« 雨続き、日照不足で野菜ができない! | トップページ | 那覇空港を自衛隊機が使う危険と被害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沖縄に越してきて、驚いたことの一つは、冬の間の晴れ間の少なさですね。東京にいたときは冬は太平洋高気圧に覆われていて、いわゆる西高東低の冬型で、穏やかな晴れ間が多かったです。お正月三が日も晴れて、初詣日よりでした。
 ところが沖縄では、冬はとにかく天気が悪い!晴れ間がないのは当たり前、よくて曇り、この間みたいにずっと雨っていうのも普通。だから毎年の初詣の期間も曇りか雨ですね~。
 冬は寒いので、やっぱり小春日和になってほしいです。そのためにはお天道様が顔を出してくれないとだめですね。
 冬至は冬至ジューシー食べるのが、沖縄のならわしですね。わが家では食べないけど。去年はつくったな。だけどあれ、3合ご飯炊くから多いんですよ~。

 たしかに沖縄の冬は曇天続きだけれど、週に1回くらいは晴れ間があるのが普通。でも今年は少し異常です。これからどうなるか、小春日和はいいですね。お正月は、だいたい暖かいけれど曇りですよね。
冬至にジューシー食べるというのは、なんかいわれがあるのでしょう。沖縄では「トゥンジービーサー」(冬至冷え)という言葉があるけれど、冬至頃はまだそれほど寒くない。むしろ旧暦12月8日の「ムーチービーサー」のころが冷えますね。今年は元旦が「ムーチーの日」にあたるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/43439467

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至前の夕陽:

« 雨続き、日照不足で野菜ができない! | トップページ | 那覇空港を自衛隊機が使う危険と被害 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30