無料ブログはココログ

« 金城実&山里ユキ、民謡ライブを楽しむ | トップページ | 尚泰久王の陵墓を訪ねる »

2012年1月28日 (土)

沖縄ジョン万次郎会の新年会に招かれる

 沖縄ジョン万次郎会の名嘉真和彦事務局長と昨年末、偶然知り合いになった。それが縁でこの同会「20周年記念誌」を送っていただき、私も「沖縄で愛される中浜万次郎」と題する拙文を送った。 

         062

 沖縄ジョン万次郎会の新年会に光栄にも、夫婦でお招きをいただいた。会場は、万次郎の記念碑が建てられた翁長共同利用施設である。公民館のように使われている建物だ。建物のすぐ裏手に万次郎が滞在した高安家がある。047  会長の大城光盛さん、前会長で顧問の大城盛昌さん、副会長の大城恵子さん、与那覇正文さん、そして万次郎が半年間滞在した高安家の5代目当主の高安亀平さんらを紹介され、挨拶を交わした。万次郎会の活動のことは知っていたが、まさかこんな形でお招きされて、みなさんとお会いできるとは、夢にも思わなかった。

053  写真は左から大城会長、大城顧問、高安さんである。高安亀平さんは、5代目当主となる。昭和4年(1929)生れなので、1827年生れの万次郎とは102歳違い。ことし数え年で85歳になるそうだ。とても元気そうだ。それぞれが万次郎についてのエピソードを話してくれた。
 万次郎は、琉球の大度浜海岸に上陸して、この豊見城村の翁長集落に来た。高安家に滞在したが、ここにきて1週間でもう外に出て、村の住民と交流し、方言も覚えたという。スゴイ言語力だ。沖縄の古い家は、家に入る正面に衝立のようなヒンプンがある。万次郎はこのヒンプンを飛び越えて外に出ていたという。
 銅像の写真は「沖縄ジョン万次郎会結成20周年記念誌」から。

Img086_2  このとき万次郎はまだ25歳の青年だから、身も軽い。
 翁長の万次郎記念碑(写真下)向うに道路が少し広くなっている。ここは馬場だったという。馬場で、昔から綱引きが行われ、万次郎も参加したことが伝えられる。綱引きは、「6月ウマチー」という旧暦6月のお祭りと旧暦8月15夜の満月の2回行われる。私の拙文では8月15夜の綱引きに参加したと書いたが、その時は万次郎はもう翁長にはいなくて、6月ウマチーの綱引きに参加したとのことだった。拙文を読んだ大城会長が指摘してくれた。

055 綱引きは、東(アガリ)と西(イリ)に分かれて引く。万次郎がいた高安家は東方だった。この時の綱引きでは、東が勝ったので、万次郎が加わったので東が勝ったのでは、といわれたそうだ。

 まだ高安家を訪問したことがないので、そのうち一度、訪ねてみたい。

 新年会は、那覇市のホテルからシェフが来て出張料理をするという豪勢なものだった。料理とお酒をいただくと、余興が始まった。

 事務局長の名嘉真さんは、とみぐすくカラオケサークル仲間達の会長さんでもある。ジョン万会にはカラオケがつきものとなっている。2月には謝恩ステージカラオケ交流歌謡祭を那覇市内で開催することにもなっている。

 新年会には、この歌謡祭に出演する皆さんも参加して、舞台で次々に自慢のノドを披露してくれた。

 もちろん、大城会長(左)、名嘉真事務局長(右)も最初に歌ってくれた。050

 051 名嘉真さんは、「とみぐすく万次郎音頭」という歌の作詞もされて、記念碑の横には、この歌を紹介する案内板も建てられている。

 村田英雄の曲に「あゝ万次郎」056 という歌があり、舞台でカラオケサークルのメンバーが歌ってくれた。初めて聴いた。

「♪怒涛逆巻く足摺岬 海で育ったいごっそう 父は亡くとも泣くもんか 負けるもんかの男の気概 土佐は清水の快男子 あゝ中の浜万次郎」(一番)

「♪目には手ぬぐい押しあてながら 逢えて嬉しと泣いた母 十と一年十カ月 苦労かけたとお袋さんに わびる男の目に涙 あゝ中の浜万次郎」(三番)

 こんな歌詞である。なかなか勇ましく、勢いのある歌だ。賀川幸星作詞作曲である。

058  わがツレも舞台で「愛の賛歌」をカラオケサークルの人のように、伴奏音楽のテープを用意していないので、アカペラで熱唱した。

 最後に高安亀兵さんと記念撮影をさせてもらった。

060

 

« 金城実&山里ユキ、民謡ライブを楽しむ | トップページ | 尚泰久王の陵墓を訪ねる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沖縄ジョン万次郎会の方々の万次郎愛は、とても深いものですね。会員の多くは、翁長の字の方々だそうです。賛助会員も含めると七〇人に上るそうです。なぜそんなに会員がいるのか、隣にいた副会長の一人、大城さんにお尋ねしたら、「豊見城人や字の方たちは歴史上の偉人がここ翁長にいたことを、とても誇りに思ってます。こんなに素晴らしい方がいたことを子子孫孫まで伝えていかねばいけないと思っておりますよ」と言っていました。
新年会では、レキオアキアキさんを紹介するために、アキアキさんが書いた「沖縄で愛される・・・」が配布されましたよね。もう一人の副会長の与那覇さんは、会が始まっても熟読してました。隣の隣に座っていた男性も配布されてからすぐ、じっくり読んでましたよ。
 大城さんは「会員のなかでも長田さんとか、本を書いたんですよ」と嬉しそうに語っていました。
沖縄ジョン万次郎会の活動ってすごいですね。来月の謝恩音楽会もそうだけど、二〇周年事業も活発でしたよね。名嘉真さんがとみぐすくカラオケサークル会長だからか、カラオケステージもありましたね。
 レキオアキアキさんよりも会の方たちの方が万次郎会の故郷によく行っているんじゃないですか。
高安家は一度、お伺いしたいですね。

 万次郎が今もこれだけ豊見城と翁長の人たちに愛されているのはすごいですね。万次郎も琉球上陸がステップになって、その後の日本の開国や自由民権にも影響を与えた人物になったことや万次郎と子孫が恩を忘れず、高安家とも交流を続けてきたでしょうね。
 万次郎は沖縄でもかつてはそれほど知られた存在ではなかったけれど、万次郎会が作られて活発に活動するようになって、大いに万次郎への認識が高まったようです。
 拙文を会員に配られて、読んでいただくとは有り難いですね。
 会の役員は、万次郎ゆかりの土佐清水市やアメリカまで行かれています。大城会長は高知に五回も行っているそうです。私より行ってますね。
 万次郎会は、正会員で模合(頼母子講)もやって、毎月例会やその月生れた人の誕生プレゼントも贈るなど、しっかり活動されていて、敬服します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/43895154

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄ジョン万次郎会の新年会に招かれる:

« 金城実&山里ユキ、民謡ライブを楽しむ | トップページ | 尚泰久王の陵墓を訪ねる »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30