無料ブログはココログ

« 元日の贈り物ージョン万次郎と牧野富太郎 | トップページ | 首里のお寺に初詣ー2012 »

2012年1月 3日 (火)

元日の贈り物ージョン万次郎と富太郎、その2

 元日に送られてきたプレゼントの二つ目は、わが郷里の町で発行した「町民カレンダー」である。町がカレンダーを出すなんて、他ではあまり聞かない。新潟にいる同級生が送ってくれた。
 大事なのは、毎月、世界的な植物学者だった牧野富太郎の植物図が使われていることである。

Img094  牧野博士は、1862年(文久2)4月24日、高知県佐川町の造り酒屋「岸屋」の一人息子として生れた。学歴は小学校中退だが、佐川には名教館(メイコウカン)という優れた私塾があり、そこで学んだ。といってもあとは、独学で植物を研究した。植物分類学を専攻した。「草を褥(シトネ)に木の根を枕 花と恋して90年」と自身が語ったように、土佐をはじめ全国の山野をかけ巡り、採取と標本作成に専念し、新種の発見命名は1000種、学名変更は約500種にのぼるそうだ。東京帝国大学の助手、講師となった。

 Img095  業績は書きだすと果てしない。「約一世紀の生涯を植物に捧げつづけた牧野富太郎博士は『日本の植物学の父』として敬愛されている」。カレンダーはこう記している。95歳で亡くなったが、死後に文化勲章を受けた。牧野博士の名前は鳴り響いていたのに、なぜ生前に授与しなかったのか、ここにも日本の学歴偏重の歪みがあるのかもしれない。

Img096  牧野さんの著書『植物一日一題』が手元にあるが、これを読むと、われわれが今でもいわば常識と思っていることを「間違い」と正していることがとても多い。たとえば「ジャガイモは断じて馬鈴薯そのものではない」「キャベツを甘藍(カンラン)だというのは無学な行為」「アジサイは紫陽花ではない」という具合である。

 紫陽花という名の出典は中国の白楽天の詩が元であるが、「アジサイは日本固有産のガクアジサイを親としてそれから出た花で断じて中国の植物ではない」と言う。もう15年ほど前に読んだけれど、牧野さんの研究に裏打ちされたこうした明快な指摘が記憶に刻まれている。 

Img097

 ところで、なぜカレンダーを紹介しようと思ったのかが、本題である。それは牧野さんの書かれた植物画が、とても繊細で美術としても観賞に値すると思うからである。

 カレンダーは、高知県立牧野植物園の協力で制作したものである。表紙とともに13枚の植物画が掲載されている。そのうち5枚をここでアップした。

Img098  一番上の植物画は、「ガマズミの実」。ガマズミはスイカズラ科で、高知の方言では「ヨージメ」と言う。初夏に花をつけ、実は甘酸っぱく食べられるそうだ。

 2番目は「ワカキノサクラ」1892年に佐川町の旧尾川村で発見したサクラ。播種した翌年から花を咲かせるのでこう命名したそうだ。つまり若い木で花を咲かせるという意味である。このサクラは、子どもの頃から身近にあって知っていた。

 3番目は「ヒメキリンソウ」。四国固有の多年草である。キリンソウによく似ていて、小さいことからこう呼ばれているとのこと。

 4番目は「コオロギラン」。1889年に越知町の横倉山で発見された。和名は、円形で淡い紫色の唇弁が、コオロギの羽に似ていることによると言う。

 5番目は「ジョウロウホトトギス」。これも1887年に横倉山で発見された。和名は、花の美しさを上臈(ジョウロウ=宮中に仕える女官)の上品さにたとえたものだと言う。

 ここに上げた植物画は膨大な植物画のごくごく一部にすぎない。でも、今年一年、このカレンダーを掲げて、植物画を眺めたい。

« 元日の贈り物ージョン万次郎と牧野富太郎 | トップページ | 首里のお寺に初詣ー2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

牧野さんの絵は正確な描写ですが、色合いまで美しくて、観察した植物を写真で残さず、絵として描きうつしたところがすごいです。絵心がなければとても難しいと思う作業ですが、絵を見ていると本当に植物を愛していたんだなということが伝わってきます。
高知県出身で沖縄で活躍した黒岩さんという動植物学者もおられましたよね。
学名と方言名が書いてあるところもいいです。高知の人が見て、親しみがわくじゃないですか。
新年にいい贈り物いただきましたね!


 精密な植物画は、ある意味で写真以上にその特徴が記されていますね。植物を愛していたから、生涯をかけた研究ができたのでしょう。東京・練馬区の大泉学園に牧野さんが32年間住んだ家があり、いま牧野記念庭園になっていて、訪ねたことがあります。
 黒岩恒は博物学でしたが、牧野さんより一つ上で、佐川町の名教館(メイコウカン)という私塾で学んだ仲。沖縄行きも牧野さんの勧めもあったそうです。沖縄で見つけた植物は標本を牧野さんに送って鑑定してもらったそうです。
牧野さんが名付けたワカキノサクラは、家の庭におじいさんが植えて育てていたのを思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/43611534

この記事へのトラックバック一覧です: 元日の贈り物ージョン万次郎と富太郎、その2:

« 元日の贈り物ージョン万次郎と牧野富太郎 | トップページ | 首里のお寺に初詣ー2012 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31