無料ブログはココログ

« 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その2 | トップページ | 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その3 »

2012年3月30日 (金)

ヒスイカズラの色彩に酔う

 南城市でヒスイカズラが咲き誇っている。 014_2 テレビで放送されたので、是非ツレに見せたいと思い、テレビ局に問い合わせると、すぐ場所を教えてくれた。2010年4月に、名護市で私は一度見たことがある。あまりに美しい色彩が脳裏に深く刻まれていた。沖縄でも、とても珍しい花なので、このニュースを見た時、これはツレも是非見たいだろうと思ったのだ。

 咲いているのは、玉城垣花のTさんという個人宅。垣花公民館のすぐ後で、家の前に大きなガジュマルの木がある。

 家の前には、「自由に見学して下さい」という看板を出してくれていた。結構、テレビ、新聞で見て、花を見に来る方がいるそうだ。

 家の人に声をかけると、おばあちゃんが、孫を抱いて出てきて、丁寧に説明してくれた。

013  家の塀を越えて、外にもたくさん蔓が伸びて垂れ下がり、花を咲かせている。「外は太陽があたり、色がさめているので、中の方が色がいいですよ」と案内してくれた。

004 エメラルドグリーンというのか、宝石のヒスイを思わせる色彩と形である。マメ科のつる性植物。フィリピンのルソン島、ミンドロ島などの限られた地域の熱帯雨林にしか自生しないとのこと。英名は「ジュードバイン」で和訳すると「翡翠蔓」となるそうだ。

011  まだ蕾のもある。ツルから薄い紫色ぽい蕾が伸びて、蕾からエメラルドグリーンの花びらが伸びて咲く。 庭に作られた花の棚にヒスイカズラのツルが四方八方に広がり、無数のツルが下がり、花を開かせている。

002  「ヒスイカズラって、沖縄でもめったにないですよね?」「そう、これだけ咲いているところは他にはないはずよ」とのこと。「植えてからもう7年になるかね。これ全部、一本のツルから伸びているんだよ」

007  これが、元になる木というかツルである。「なかなか育てるのが難しい花でね。分けても育てられないのよ」。昨年はあまり咲かなかったが、一年間隔でよく咲くようだ。

008  地面には、落ちた花びらが広がっていた。「咲いているのは、あと2週間ぐらいだろうね」 。
「花びらを拾っていく人もいるよ。花びらを合わせると蝶のような形になりますよ」。

010  なるほど、蝶を思わせる。お言葉に甘えて、花びらをいただいてきた。誰かに上げようかな、と思って。でも長くはもたないだろう。

009  お孫さんがあまりに可愛いので、一枚パチリ。おばあちゃんが「また来年も見に来て下さい」とやさしく言ってくれた。

017  垣花の集落は、道路の真ん中に井戸(カー)がある。その前は、拝所になっている。集落を少し降りたところに、有名な「垣花ヒージャー」がある。南部で名高い井泉である。しかし、集落から下に水汲みに降りて行くのは一苦労なので、集落の中に井戸を掘ったのだろうか。いまは、垣花ヒージャーからポンプで水を汲み上げて使っているそうだ。

 井戸の向うに見えるガジュマルの木の横に、ヒスイカズラの咲くTさん宅がある。

« 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その2 | トップページ | 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tさんはヒスイカズラの苗を7年前、フィリピンで貰ったとき、こんな花が咲くとは思わなかったそうです。「きれいな花が咲くよ」って言われて、どんな花だかわからず、持ってきて庭に植えたんですよね。開花が始まったのは植えて4年目だったとのこと。
熱帯ドリームセンターの職員も見に来て、なんとかセンターで咲かせられないかと腐心したそうです。
個人宅でこれだけの花を咲かせられたのは、苗に土壌や気候が合致したからでしょうね。
それにしても、沖縄に来て初めて見る花はいろいろあったけど、こんなに神秘的な花の形と色合いの花は初めて見ました。隔年で咲くというから、見頃の今年に見られてよかったです。
さっそく友人のkさんに教えたら、「咲き終わったつつじを東村までわざわざ見に行くより、それ見たいわ」って言ってました。
見たら歓声あげると思いますよ~。

 育てたTさんもビックリするほどの成長と美しさだったんですね。肥料とかはしないそうだけど、7年でこれほど育てば、あと7年すればどこまで伸びるのか。見れば家でも育てたいと思う人はいるだろうけれど、難しいんですね。ネットで見ると、本州でも温室で熱帯植物を栽培しているところがあるというけれど、こちらは屋外だから、見事ですね。Kさんも見れば感激ものでしょう。

これはすごい!こんなに妖艶な花、見たことないです!思わず、ブログで紹介しちゃいました。また、アクセス増えると思いますが、よろしくお願いいたします♪

 sugisonoさんも見たことなかったんですね。妖艶ですか、そう、なんか例えようがない色合いです。2週間ほど咲いているから、時間があれば伺ってみたらどうですか。でもOL新生活になるので、忙しそうですね。頑張ってください。でも頑張りすぎないでね。

私もヒスイカズラを育てています。沖縄で育てる場合、重要なのは台風の強風対策と冬の北風対策だと思います。それさえクリア出来れば、意外に育て易い植物だと思います。4年目になりますが、初めて花芽が付きました。50本以上下がっているので楽しみです。なお知人の先輩は、もう5年ほど前から見事なヒスイカズラの花を咲かせています。
私のところで、一番大きく育っている花芽の写真。2015年2月23日撮影。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/907/91/N000/000/004/142474108001055053177_a15-02-24-hisui4.jpg

アーリニャーヌバタさん。コメントありがとうございました。
ヒスイカズラを育てているとはスゴイですね。意外に育てやすいといっても、台風対策がなかなか大変でしょう。
 写真も見せていただきましたが、もうこんな花芽が出ているんですね。花開くのももうすぎでしょう。楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/44692951

この記事へのトラックバック一覧です: ヒスイカズラの色彩に酔う:

« 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その2 | トップページ | 琉球舞踊は恋の琉歌に満ちて、その3 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31