無料ブログはココログ

« 大石公園で満開のテッポウユリを見る | トップページ | 琉球村を探訪、その1 »

2012年4月17日 (火)

ヒージャー(ヤギ)が遊ぶ大石公園

 那覇市識名の大石公園でテッポウユリを見て帰ろうとすると、リヤカーに金網を積んだおじさんに逢った。「ユリきれいですね」とツレが声をかけると「きれいでしょう。ユリだけでなく、ヒージャーもいるので見ていって下さい」というではないか。

 「?そういえばヤギがいる話を聞いたことがあるな」と思い出した。「22頭いるんですよ。その他に4頭おもろまちの銘苅古墳群にいます。ええ、あそこもこちらのヒージャーですよ」と言う。銘苅古墳群を前に見に行ったとき、ヤギが数頭遊んで草を食べていたことを思い出した。

Photo

 「あそこのヒージャーは、草を食べさせるために放し飼いにしているんです。草を食べてくれるので、草刈費用が年間150万円節約になるんですよ」という。スゴイ!120416_094201

  「ヒージャー愛好会ですか」とツレが聞くと「名刺をどうぞ」と取り出した。そこには「大石公園ヒージャー愛好会会長 大城永一」と記されている。ヒージャーを愛して、この大石公園で放し飼いにしている。ヒージャーのフンはユリの肥料にもなっているとか。大城さんはこの活動で、ヒージャーたちは「那覇市DU協働まちづくり 協働大使」に任命されている。
 

 公園を一周すると見えるとのこと。回っていくとヒージャー小屋が見えてきた。小屋にいるだけではなく、なんと上写真のように、岩山の上に5,6頭が群れている。なぜ、岩山にいるのか? ヒージャーは高いところが好きだという。狭い岩の頂部にせめぎあい、群れている。  

120416_094701

 小屋にいるヒージャーは、自由に出て草を食べられるのに、小屋でエサをやると、ずぼらなのか、外に出ずに金網の中でウロウロしている。
 でも、見ているとやがて、ヒージャーは角と角、頭と頭を思いっきりぶつけ合う「ヒージャーオーラセ」を始めた。闘牛ではなく「闘ヤギ」である。
 優しい顔をしたヒージャーだが、闘争本能はすごい。後ろ足だけで立ち上がり、頭を振り下ろしてゴツン、ゴツンとぶつけ合う。「ヒージャーオーラセ」は、北部の瀬長島、名護市勝山など有名である。120416_094503

 それにしても、小高い山のような公園の自然を生かして、金網で仕切るだけで、ヒージャーを放し飼いにして、子どもたちにも見て、触れ合えるようにする取り組みには感心する。大変な時間と労力、費用を伴うのに、「協働大使」の肩書に誇りをもってやっているようだ。

041  こちらは、銘苅古墳群で草を食べるヒージャー達である。前に撮ったものである。

« 大石公園で満開のテッポウユリを見る | トップページ | 琉球村を探訪、その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ヒージャー、食べるために飼ってるんじゃないですよね、なんて大城さんに聞いて、失礼しました。このヒージャーたちは子どもたちとの触れ合いのためにも飼われているので、今度新設校・天久小学校の子どもたちのところに行くそうです。
以前大石公園に来た時は、ユリは見たけど、ヒージャーまでは見つからなかったです。その後飼い始めたんでしょうか。
大城さんはユリよりヒージャーを見てほしい、という感じでしたね。天塩にかけて育てているだけあります。
また来年、行きましょう。

 大石公園は草食べるためではなく、触れ合いのためですね。天久小学校にも子どもたちとの触れ合いのためでしょうね。
 ヒージャーは、沖縄ではヤギ料理が有名だけれど、ここのヒージャーは人間が食べるためではない、と大城さんはきっぱり話してましたね。
 みんなに愛されるヒージャーですね。でも誰か食べるために持っていく不心得者はいないかな。少し心配だけれど、夜は金網にいれるのでしょう。

大石公園は、最高ですよね!!
牛みたいな大きいヤギさんから、生まれたばかりの赤ちゃんヤギ
さらに、白だけじゃなく模様のついたヤギさんまで
動物園以上の、バリエーションに、いつ行っても癒されますね。

その大石公園ヒージャー愛好会より
浦添私立港川小学校へ、子ヤギを譲っていただきました。

名前は投票で決定した「レオ」くんです
前にもヤギ飼育を、体験した子供達はもちろん
新一年生にも、大人気でレオくんも、すっかり慣れてる様子です。

ヒージャー愛好会・会長さん始め会員のみなさん
大変ありがとうございました
ヤギの持っている、癒し・ふれあい・草刈等の相乗効果と
子供達の情操教育に、つながるよう
努力していきたいと思います。

一番癒されているのは、私ですが!

山城と書いて、ヤギと読むさん、面白い名前ですね。コメントありがとうございました。
 本当にヤギは癒されます。港川小学校でもヤギを譲ってもらったことは初めて知りました。子どもの情操教育にはいいですね。田舎では子どもたちもヤギにふれる機会があるでしょうが、都市部ではヤギを見る機会も少ないですよね。
 ヒージャー愛好会のみなさんの努力には頭が下がります。大石公園のヒージャーに、もっともっと多くの人に親しんでほしいですね。

レキオアキアキさん、実は私も浦添の伊祖公園で
ヤギ飼育を、密かに進めているところですよ
実現できるよう、頑張ります。

 山城と書いて、ヤギと読さん。お名前の通り、ヒージャー大好き族だったんですね。伊祖公園でヒージャーを飼われるとはいいですね。大石公園ヒージャーのお仲間を分けていただくのでしょうか。飼うようになれば見に行きたいですね。楽しみにしてます。

ども、本日
山城と書いて、ヤギと読むさんにつれられて
初の大石公園
お邪魔させていただきました

あいにくの雨でしたが
たくさんの方が
ヤギさんに会いにきていましたね。

そして、管理してくれていた
関係者のかたも
ヤギさんの説明をしてくれたり
エサを分けてくれたり
親切な対応、ありがとうございます。

気づけば
一時間もヤギたちと戯れていました
本当に楽しい時間をすごせました。
また、遊びに行きます。
ありがとうございました!

すずかりんさん、コメントありがとうございました。
山城と書いて、ヤギと読むさんにつられて大石公園に行かれたとはうれしいですね。ヒージャー愛好会の方々が努力されているから、ヤギに会いに行く人が増えるのは、愛好会の大城会長さんたちも喜んでいるでしょう。説明をしてくれたのも、大城会長だったではないでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒージャー(ヤギ)が遊ぶ大石公園:

« 大石公園で満開のテッポウユリを見る | トップページ | 琉球村を探訪、その1 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30