無料ブログはココログ

« デイゴ咲く。でも少ないなー | トップページ | 白い夾竹桃が咲く »

2012年4月24日 (火)

炎のようなアフリカンチューリップツリー

 火炎木が近くの漫湖公園はじめあちこちで咲いている。名前の通り、炎のような赤みがかったオレンジ色が青い空に映える。ノウゼンカズラ科の花。火焔木ともいう。003  西アフリカ原産で、英名ではアフリカンチューリップツリーというらしい。なんとなく、花の雰囲気が伝わる名前だ。火炎木も、花を表している。

 004  4月にデイゴより少し早いくらいに咲きだす。ネットで見ると、1年を通じて咲くと説明があるが、沖縄では、一年中は咲かない。4月頃から年に2,3回は咲く。

032 日本では、沖縄や小笠原諸島で庭木に植えられているとのことだ。デイゴなんかのように枝は横に張るのではなく、高く伸びている。10㍍余りは高さがある。枝の先に、大きくて派手な花を咲かせている。

008  落ちた花びらもデカイ! この火炎木とジャカランダ、ホウオウボクを合わせて「世界の三大花木」と呼ぶそうだ。このうち、ジャカランダは、沖縄では見かけない。嘉手納にあるとういうが、まだ見たことがない。次に嘉手納に行った時は、見てみたい。

025  この写真を見れは、名前の由来がわかるだろう。

« デイゴ咲く。でも少ないなー | トップページ | 白い夾竹桃が咲く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

火炎木の花はデイゴと違って、毎年必ず咲きますね。あれは害虫には強いんですかね。
漫湖公園にはデイゴも火炎木も桜もブーゲンビリアもヒマワリも、コスモスも薔薇もハイビスカスも全部揃ってますね。あ、テッポウユリがないか。
火炎木はお手入れは必要ない感じで、勝手に咲いてくれる花みたいですね。
花の形が珍しいです。高い木なので、遠くからでも一目でわかりますね。
あたたかいと咲きだすようですが、一回枯れても年に数回も咲くのはどうしてでしょうかね~。

漫湖公園の花はいろいろあるけれど、管理するおばさん、おじさんが頑張っていますよね。テッポウユリは、前に植えていた名残りで、少し咲いてます。
火炎木は、高いので台風には弱く、神原小学校前の高い木は、折れて低くなっているけれど、花は元気に咲いてます。もともと、1年を通じて咲く花と聞くので、1回咲けば終わりではないようです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炎のようなアフリカンチューリップツリー:

« デイゴ咲く。でも少ないなー | トップページ | 白い夾竹桃が咲く »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30