無料ブログはココログ

« 沖縄民衆の抵抗の歩み、その2 | トップページ | 沖縄民衆の抵抗の歩み、その4 »

2012年5月17日 (木)

沖縄民衆の抵抗の歩み、その3

 琉球の農民への搾取と支配と特徴の一つに、村落共同体をまるどと王府に隷属させ、共同体に貢租や夫役を強いるというやり方がとられたことがる。税金を納めるのは、個人ではなく、共同体で連帯責任として納めさせた。これは古代国家に見られる特徴だという。貢租を課せられる村落の共同体には、厳しい内法があった。その3はそんな内容である。

       

  teikou03.doc」をダウンロード

 昔の黒糖づくり風景。牛に曳かせて車を回しサトウキビを搾る(琉球村にて)

030

« 沖縄民衆の抵抗の歩み、その2 | トップページ | 沖縄民衆の抵抗の歩み、その4 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄民衆の抵抗の歩み、その3:

« 沖縄民衆の抵抗の歩み、その2 | トップページ | 沖縄民衆の抵抗の歩み、その4 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30