無料ブログはココログ

« 「うんなまつり」で平和の歌を聞く | トップページ | 民衆に愛される沖縄歌劇、沖縄芝居の始まり »

2012年7月30日 (月)

夏祭り真っ盛り

 日曜日ごとに県内各地はどこも夏祭りの真っ最中だ。22日は恩納村まで出かけたが、29日はわが家の近くの団地の夏祭り。もう25回になる。
 ただ、8月5日は、米海兵隊のオスプレイ配備反対の県民大会なので、祭りどころではない。那覇市では、「一万人のエイサー踊り隊2012」が5日、国際通りを会場にして予定されていたが、県民大会に市民もこぞって参加しようと、12日に延期された。

001  団地まつりは、演舞する舞台の前は、テーブルとイスが敷地いっぱいに並べられ、ほとんどビアガーデン状態になる。

008 「ハイサイ!ハイタイ!ゆいまーる」が祭りのキャッチフレーズだ。
 子どもエイサーが勇壮に演じられた。

010 子どもたちははしゃぎまわる。出店はテキヤはいない。団地の人たちの手作りの料理など並ぶ。ビール200円、泡盛、チューハイ100円とアルコール類は超格安。

020 一番の注目は、子ども獅子舞。獅子舞といえば、どこでも獅子が大きな口を開けて子どもの頭にかぶりつくように追いかけてきて、泣きだす子がいる。でも、団地の獅子は、表情がユーモラスで、ピンクの獅子は可愛い。どうやら、男女カップルの獅子。子どもに駆け寄るのでなく、二頭がじゃれ合っている。デートしているようだ。こんな獅子舞は見たことがない。

025   歌三線による民謡や空手の演舞も、毎年恒例である。
 民謡を聞きながらビールを飲むとすすむ。
 とにかく、すぐ歩いて行ける距離にある団地なので、飲酒運転にもならない。気楽に楽しめるのが何よりだ。

 

« 「うんなまつり」で平和の歌を聞く | トップページ | 民衆に愛される沖縄歌劇、沖縄芝居の始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/46520335

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭り真っ盛り:

« 「うんなまつり」で平和の歌を聞く | トップページ | 民衆に愛される沖縄歌劇、沖縄芝居の始まり »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30