無料ブログはココログ

« 美空ひばりには3曲平和の歌がある | トップページ | 暴風域抜けても暴風続く不思議 »

2012年8月26日 (日)

戦後最大級の台風が直撃

 瞬間最大風速70メートルと予想された戦後最大級の勢力をもつ台風15号が8月26日午後9時頃、沖縄本島を通過した模様だ。

 沖縄気象台も異例の記者会見で「最大級の警戒」を呼びかけたので、ベランダの鉢植えはじめあるものはすべて室内に撤去した。停電と断水を予想して、風呂や鍋などに水を貯めたり、懐中電灯、ロウソク、ラジオ、食糧も準備した。

 でもなぜか、今回も変な台風だ。朝から接近して暴風圏に入り、風雨が激しくなり出した。「やっぱり大型台風は違う」と思ったが、夕方になって本島にかなれ接近したはずなのに、それほど風雨は強くならない。テレビで見る限り、奄美の与論島などの方が強い感じだ。

 どうも、台風の進路が少し北に向き、本島の北部を横切る形になった。つまり、那覇市や南部は、台風の左側になった。台風は右側が強いので、そのせいで予想ほど風雨が強くならないのかもしれない。

 と思ったら、本島を通過したと伝えられた頃から、風が急激に強くなった。接近する前より、通過した後の吹きかえしが強い。これはこの前の台風も同じだった。

 暴風圏に入って17時間が経過している。まだ翌日、昼くらいまで風雨が強いらしい。とすれば、30時間くらい暴風を受けていることになる。いいかげん、速度を速めて去っていってほしい。といっても、沖縄本島や奄美諸島、予想進路にあたる韓国では、台風被害ができるだけないように願うばかりだ。

« 美空ひばりには3曲平和の歌がある | トップページ | 暴風域抜けても暴風続く不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風、心配しています。
なにごともなく通り過ぎますよう祈っています。
その後は勢力を弱めて大陸のほうに行くことでしょう。

ブログは開いているのですが、いまちょっと急ぎの作業を抱えていてジックリ読めませんし、返信もままなりません。あと半月もすれば元に戻ると思います。
では…

みやぎのつぶやきさん。お見舞いありがとうございます。
台風15号は、本島北部に上陸し(島なので上陸とは言わない)、東シナ海に抜けたのに、その後風雨激しく、夜通し暴風の音に悩まされました。もう暴風圏は抜けそうなのに、以前激しい雨風です。やっぱり沖縄の台風はヤマト感覚とはだいぶ違います。
 台風14号も、台湾を通り南シナ海に抜けていたのに、ブーメランのように沖縄付近に舞い戻ってきそうです。今年は台風の当たり年みたいです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/46834449

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後最大級の台風が直撃:

« 美空ひばりには3曲平和の歌がある | トップページ | 暴風域抜けても暴風続く不思議 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30