無料ブログはココログ

« 歌碑のある風景、沖縄の肝心を歌う「兄弟小節」 | トップページ | 歌碑のある風景、伊江島にある歌碑 »

2012年9月12日 (水)

歌碑のある風景、働く尊さ歌う「汗水節」

働く尊さ歌う「汗水節」の歌碑

 働くことの尊さを歌った民謡の名曲に「汗水節」がある。「アシミジブシ」と発音する。八重瀬町具志頭(グシチャン)に歌碑があるので訪ねた。
階段を登った上に歌碑がある。普通、有名な歌碑でも、公園や道路わきの一角にあるのが多い。でもここは専用の台地がつくられている。012
 旧具志頭村仲座で生れた仲本稔さん(1904-1977年)が作詞した。仲本さんは、沖縄県の養蚕指導員や具志頭郵便局長などつとめた。作詞は、1928年に県の貯蓄奨励民謡募集に応募して当選したものだ。仲座の青年団長だった時で、まだ25歳の青年時代である。
 仲本さんは、花や自然に親しみ、ふるさとをとても愛していた。膨大な日記をつけ、折々につづられた詩の数々は、読む人の心を打つ人間愛に満ちているという。
 汗水節の歌詞は次の通り。018
1、汗水ゆ流ち 働らつる人ぬ 心嬉しさや 余所ぬ知ゆみ(他人には分からない)
2、一日に一厘(五〇とも) 百日に五貫貯めてぃ損なゆみ 昔言葉
3、朝夕働らちょてぃ 積み立てぃる銭や 若松ぬ栄い 年とぅ共に
4、心若々とぅ 朝夕働きば 五六〇になてぃん 二十歳定み
5、寄ゆる年忘てぃ 育てぃたる産子 手墨学問や 広く知らし
6、御万人(公衆)ぬ為ん 我為ゆとぅ思てぃ 肝勇み勇み 尽しみしょり

 015

 歌詞は、私のサークル使っている工工四(楽譜)から紹介した。歌碑とは若干異なるカ所がある。歌詞を読むと、たんに貯蓄奨励にはとどまらない。汗を流して働くことの尊さ、喜び、働くからこそ元気でいられる、働くことを通して世の中に尽くし、自分のためにもなる、と教える。教訓歌である。
 この歌詞に、近代沖縄音楽の父とも呼ば
れた宮良長包さんが作曲した。当初、題名は「勤倹貯蓄の奨」だったのを、宮良さんが改題して「汗水節」とした。これがヒットして、多くの県民に愛される歌となった。ただ、仲本さんと宮良さんは、生涯に一度も対面することはなかったそうだ(「琉球新報」2012年6月1日付)
 歌碑は、作詞55周年、生誕80周年を記念して1984年に建立された。生誕百周年には記念植樹もされていた。

016
 これだけ立派な歌碑がつくられているところに、この「汗水節」が具志頭の人たちに愛され、人々の誇りになっていることがよくわかる。
 なおこの付近は、坂道を登った山頂には多々名城(タタナグシク)跡があるという。
 13世紀末から14世紀初期の頃、花城按司(アジ、豪族)が築城した。花城と言われたが後に多々名城と呼ばれた。本丸、二の丸、三の丸、御内原跡というように各城郭で囲まれていたというから、立派な造りだっただろう。
 盛んに海外貿易を行い、素鉄を輸入して武器をつくり武力を高め、農具をつくって領地の農民に配り、農業を盛んにしたという。沖縄本島の南部のそれほど大きくない地域の支配者でも、これだけの城郭を築き、海外貿易まで行っていたというから驚く。
 八重瀬町にある「汗水節」の歌碑を見たあと、近くにある具志頭(グシチャン)中学校に立ち寄った。「汗水節」が学校教育にも生かされていると聞いたからだ。

   026
 校舎に看板が掲げられているのが見える。看板には歌詞が記されている。
「汗水節の心を行動に!」と呼びかけている。この歌が、郷土の大先輩が作詞し、村内はもとより沖縄を代表する民謡として歌い継がれていること。具志頭中学校の生徒も、自分たちの歌として誇りを持っているとして、看板にある5つのことの教えとしてまとめている。
 「汗水節の心」の歌として、具志頭琉歌愛好会の人たちが詠んだ琉歌10の作品が、この看板の裏側に掲げられている。

023

 歌碑を各地で見たけれど、民謡が学校教育の現場にも掲げられているのは初めて見た。沖縄民謡には、教訓歌が一つのジャンルをなしている。「汗水節」もその代表だ。
 ほかに、県民に愛されている民謡トップの「てぃんさぐぬ花」、八重山民謡の「デンサー節」、宮古民謡の「なりやまあやぐ」、「新宮古節」「物知り節」など。人として生きる上での大切なことを、民謡として、歌い継いでいる。それは県民の共通の肝心(チムグクル)ともなってきたのだろう。

« 歌碑のある風景、沖縄の肝心を歌う「兄弟小節」 | トップページ | 歌碑のある風景、伊江島にある歌碑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/47050556

この記事へのトラックバック一覧です: 歌碑のある風景、働く尊さ歌う「汗水節」:

« 歌碑のある風景、沖縄の肝心を歌う「兄弟小節」 | トップページ | 歌碑のある風景、伊江島にある歌碑 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31