無料ブログはココログ

« 古里でつながる郷友会 | トップページ | 旧暦9月15日夜の満月 »

2012年10月28日 (日)

盛り上がるウチナー運動会

 沖縄の運動会は、家族総出で盛り上がり、早くから場所取りが大変らしい。話を聞くだけでまだ見たことがなかったので、学校に出かけた。近くの古蔵小学校である。

001  朝から、小学校にゾロゾロと地域の人々は向かう。なにしろ、出生率が断然、1位で子沢山の沖縄だ。運動会は、一大イベントである。それにいまも、なにかと学校に集まる。地域によっては、地元の伝統芸能、文化を引き継ぐ役割も担っている。

 025_2   校門には出店がつきもの。暑いからかき氷を売ってるようだ。東京なんかでは見られない風景。ここはまだ少ない方だ。別の小学校なんか3、4店舗出ている。

010  競技は始まっていた。グラウンドの周囲にはグルリと人垣が2,3重に出来て、みんな立見をしている。子どもを抱きかかえて見せている人も目立つ。競技するグラウンドの周囲には、敷物をしてはいけないから立っている。023  運動会には、ビデオ撮影は欠かせない。

012  競技や演舞が始まると、放送でも「これから幼稚園児の遊戯が始まります。シャッターチャンスを逃さないでください」といって、わざわざ呼びかけてくれる、

016  沖縄は、戦後の米軍統治のもとで、アメリカ式に幼稚園が小学校と併設された。だから、隣は必ず幼稚園がある。ここでは運動会も一緒にやっていた。

002 運動場の周辺の空き地には、いたるところにテントが張られている。003  もはやキャンプ場の様相だ。これは、ちょっと考えられない光景だった。

 みんなが競い合う場所取りとは、このテント張りの場所だ。テントを拠点として、競技を見たり、休んだり、お昼には家族でお弁当を食べるのだろう。なにしろこの日も、夏模様の天気だから、影がないと暑い、暑い。

006  子どもたちの姿は、昔も今も変わらない。

007_2 お年寄りのためには、シルバー席がちゃんと設けられていた。015  この時期、青ぎりミカンが出回る。少し色づいてくるころ運動会シーズン。だから、ミカンのことを「運動会ミカン」と呼ぶ。これも沖縄ならではだろう。011  青い空に、スローガンが鮮やかに映えていた。「心一つに団結だ! 笑顔のゴールを走り抜け」

« 古里でつながる郷友会 | トップページ | 旧暦9月15日夜の満月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/47620068

この記事へのトラックバック一覧です: 盛り上がるウチナー運動会:

« 古里でつながる郷友会 | トップページ | 旧暦9月15日夜の満月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30