無料ブログはココログ

« 台風去って、オスプレイ飛来 | トップページ | 台風17号の爪跡 »

2012年10月 2日 (火)

暴風に耐えトックリキワタ咲く

 南米原産の花木、トックリキワタが9月末から咲き出した。最大風速61・2㍍を記録した台風17号に直撃されたけれど、それに耐えて咲いている。

003  那覇市の与儀小学校横の通りは、この花木が街路樹として並び、「トックリキワタ通り」と呼ばれている。ただし、咲いている木は、ごくわずか。まだこれから咲くのだろうか。

001  この木は、ずんぐりしているので台風には強いのか、倒れたり折れたりはしていない。005  これまでブログに何回か紹介した。樹形は中央部がふくらみまるで徳利のようだ。花が散った後、春には野球ボールぐらいの大きな実がなり、それがパクリと割れると、中から棉が飛び出す。それでこんな名前がついている。

006  幹には鋭いトゲが無数に出ているので、うっかりさわると危ない。だから、「街路樹には向かない」という人がいる。けれども、「南米桜」の異名があるこの花木は、10月から12月末くらいまで、長く可憐なピンクの花を咲かせるので、花の街路樹として目を楽しませてくれる。

004  ただ、今回の台風が運ぶ海水を浴びて、どの木も葉っぱが塩枯れしてしまった。この先、少し心配である。

008  路上には花びらがたくさん落ちていた。

« 台風去って、オスプレイ飛来 | トップページ | 台風17号の爪跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/47289802

この記事へのトラックバック一覧です: 暴風に耐えトックリキワタ咲く:

« 台風去って、オスプレイ飛来 | トップページ | 台風17号の爪跡 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31