無料ブログはココログ

« 宮古島探訪、平和の犬川 | トップページ | パソコンのフリーズトラブルが解決した »

2012年12月22日 (土)

宮古島探訪、宮古島まもる君

宮古島といえば、交通安全のシンボル的な存在になっている「宮古島まもる君」がなんといっても、有名人?である。警察官型のロボットというか、人形である。探訪しなくても、いたるところでお目にかかる。それで、ついでに、紹介をしておきたい。001 宮古空港に到着すると、もうすぐお出迎えしてくれる。なんか、スゴイ、イケメンである。宮古島と伊良部島、多良間島を含めて、いま合計で19基あるそうだ。いつから設置されたのか、資料によって食い違う。1996年に5基設置されたのが最初と書いている人もいる。「宮古毎日新聞」(2011年1月1日付け)によれば、1991年、宮古交通安全協会が設置したのが始まりだとのこと。だとすれば、もう20年を超えた。当初は、交通安全を訴える立て看板を設置する計画だったけれど、立体型ロボットの方が、ドライバーの注意を引き付けることから、決まったそうだ。

 148
 島内の交通の要衝に立っているので、車で回っていると、あちこちでお目にかかる。上の写真は、来間島近くのサトウキビ畑の前に立っているものだ。あまり交通は多くないみたいだけどね。

 19基の「宮古島まもる君」は、一応兄弟という設定で、一つ一つ「すすむ君」「いさお君」「こうじ君」とか、名前があるらしい。妹のまるこちゃんもいる。身長180cmというから、背が高い。しかも台の上に乗っているから、よく目立つ。

 塗装は手作業で行っているので、顔立ちはみんな違うという。でも見た限りは、なかなかイケメン揃いだ。宮古島市から特別住民票を交付されたので、いまや一市民でもある。

003
 実は、「まもる君」は正規の19基だけではない。上の写真は、砂山ビーチで見かけたものだ。ビーチの出入り口に、移動式パーラーが止まっていた。その運転席に座っている。「これはどなたが作ったものですか?」と店主に尋ねると「はい、私が作った手製のまもる君です」との答えが返ってきた。

002 
 なんか、制服も警察官と少し違う。表情が憂いを帯びた感じだ。
 「宮古島まもる君」は、いまや宮古島のスーパースター。文房具から携帯ストラップ、泡盛その他、キャラクター商品がたくさん出回っている。土産物店を回ると、関連商品であふれている。「宮古島まもる君のうた」までできている。

 「まもる君」は交通安全でもとくに「飲酒運転根絶」をアピールしている。本島以上に離島は飲酒運転が多いのかもしれない。

 ただ、島内をドライブした印象では、宮古島はとてもゆっくり走っている車が多い。ついつい、「もう少し早く走ってよ」と言いたくなるほど。飛び出しとかあるので用心してゆっくり走るとも聞く。もしかして、安全運転は「宮古島まもる君効果」なのかもしれない。

« 宮古島探訪、平和の犬川 | トップページ | パソコンのフリーズトラブルが解決した »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/48420482

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島探訪、宮古島まもる君:

« 宮古島探訪、平和の犬川 | トップページ | パソコンのフリーズトラブルが解決した »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31