無料ブログはココログ

« 季節はチャンプルー | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その1 »

2013年2月 6日 (水)

自然石のアーチ門のある玉城城跡

     自然石のアーチ門のある玉城城跡

「玉城(タマグスク)城跡」は、南城市字玉城にある。行ったのはもうずいぶん前だが、ブログには書いていなかったので、アップしたい。
 玉城付近は、グスク(城)がいくつもあり、「グスクロード」や「グスクロード公園」もある。由緒ある史跡が多い。
 玉城城跡は、伝承では、沖縄開闢の祖といわれるアマミキヨが築いたともいわれる。城主は、その子孫であり琉球の歴史の登場する最初の王統、天孫氏であったと言われる。でも、これはもう史実とはかなれかけ離れた神話的な世界である。
 グスクは自然の断崖を利用して造られており、一の丸には城門があり、中には方形に形作られた基壇がある。その上に小さな祠が建てられている。基壇の近くには、野積みの石垣に囲まれた岩があり、そこを「天づきあまつぎの御獄」として祀られている。
 なんといっても、頂上の自然の岩石をアーチのようにくり抜いた石門が見事である。沖縄の城跡では、アーチ門は多いがほとんど石積みである。自然の石をくり抜いたアーチ門というのは、他に見たことがない。
 英祖王統の第4代に玉城という王がいた。玉城王は、長男を西威王、次男を大城按司、三男を糸数按司に封じた。この初代の大城按司の次男が玉城按司になったと伝えられる(『糸数字誌』)。
 

Photo

 話のついでに、1313年に王位についたとされる玉城王は、酒色に耽り、狩猟を好んで政務をかえりみなかったため、按司や百姓の信頼を失い、そのため自立して世の主(王)と称するものが、本島の南部と北部とに現われた。沖縄では中部の英祖王統と合わせて、北山・中山・南山の三山が分立する時代が訪れた。
 三山分立以後の英祖王統は、二山との武力抗争に疲れ果ててしまった。5代目、西威王はまだ10歳の若さで、母が専権をもっぱらにし、王統は権威を回復しえず、浦添按司察度(サット)が中山の支配者となった(宮城栄昌著『沖縄の歴史』)。
 

 本題に戻る。三山時代は、100年ほど続いた。玉城城は、三山分立の時代に改築城していた。しかし、尚巴志による三山統一の過程で、滅ぼされたようだ。
 
「玉城按司は、南山系であるので、中山軍の南山城攻略のとき、按司も戦死したのであろう。廃城となり、尚泰久王あるいは先王のころから、知念城・玉城城の御獄は、王家の東御廻りの参詣地となった」(比嘉朝進著『沖縄戦国時代の謎』)とのことである。
 毎年正月に、国王の命を受けた役人が国家の安泰、五穀豊穣の祈願をたて、国王みずからも隔年に1回、聞得大君(祭事を執り行う神女)などを引き連れて参詣したとのことから、玉城グスクは、霊場として古代祭祀をするうえで重要だった(ネットの「まるごと南部沖縄」)。
 城内は全域が聖域とされ、首里王府が雨乞いの時に使いを出して祈らせるなど、祈願所となっていた。「玉城は按司の居城でありより杜グスクであった」(『沖縄県の歴史散歩』)。東御廻り(アガリウマーイ)の拝所の一つとなっている。

« 季節はチャンプルー | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

玉城城跡に行ったのはずいぶん前ですが、自然の岩をくりぬいた門は印象強いです。
こういうところは観光客はきませんね。あそこも世界遺産のグスク群に入るんですよね。

 玉城城跡に行ったのは2006年ですね。写真がよく残っていたものです。自然石にアーチは他にないので記憶に残ります。
残念ながら、世界遺産には入っていないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/49213840

この記事へのトラックバック一覧です: 自然石のアーチ門のある玉城城跡:

« 季節はチャンプルー | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その1 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30