無料ブログはココログ

« 自然石のアーチ門のある玉城城跡 | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その2 »

2013年2月 6日 (水)

南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その1

   南部最大の城壁を誇る糸数城跡

  首里のアルテで会う三線仲間のTさんと話していた時、南城市にある糸数城跡は、上間按司によって滅ぼされたという史話を教えてもらった。そういえば、糸数城跡は見に行ったけれど、ブログを始める前だった。それで改めて、アップしておきたい。
 

 南部には100余りグスクがあるそうだが、その中でも糸数城跡の城壁は規模が最大で、石積みの技術や保存状態もよいとされ、国の指定文化財となっている。とにかく、世界遺産に登録されている座喜味城跡や勝連城跡と匹敵し、場合によっては凌駕する長大な城壁である。
 座喜味城や中城城は護佐丸が築城や拡張したが、それは琉球が統一された後の15世紀のこと。糸数城は、三山分立の初期に玉城按司の三男、糸数按司によって築かれたという伝承がある。
 

298

 
 
 城壁は、野面積みを基調としながら切石積みの部分で補強し、「アザナ」と呼ばれる物見台(写真)が特徴である。南北の物見台は高さ6㍍もあり、見上げるような立派な城壁だ。
 これだけの築城には膨大な資力、人力を要する。なぜ、この地にこれほどの巨城が必要だったのか、それだけの脅威があったということだろうか。
 落城については、伝承がある。糸数按司の部下に、比嘉ウチョウという城の兵頭(ヒョウガシラ、侍大将)がいた。ウチョウは大力無双で、その名は遠く首里にまで伝わっていた。
 ウチョウが城を増築するため、北部の国頭にまで材木を買い付けに行った時、ウチョウの留守を見計らっていたように、真和志地方(今の那覇市内)の上間按司が、大軍を引き連れて火攻めで糸数城を攻撃し、糸数按司を滅した。ウチョウも居宅に戻るところを、敵に囲まれて、ついに落命したという。


Photo_4

 「上間按司は、糸数城の防御が一番弱くなる時期を攻めている」「グスクの拡張時期に滅ぼされた」と見られる(『糸数字誌』)。
 この落城の時期はいつなのか、はっきりしない。琉球が、北山、中山、南山の3つの小国に分立して、各地には按司が群雄割拠していた時代なのだろう。
 真和志といえば、昔は中山国であり、糸数城のある南部の玉城とは、地理的にもかなり距離がある。ただの按司同士の勢力争いとすればちょっと遠すぎる感じがする。

 
 
 注目すべきは、南部の佐敷出身の佐敷小按司、後の尚巴志が、1405年に同じ南部で勢力を誇っていた島添大里城を攻め落とした。さらには中山王、北山王、南山王を攻め滅ぼして琉球を統一したことである。いわば沖縄の戦国時代が終わりを告げることになる。糸数城の運命もこうした琉球の歴史的な波動と関係があるのではないだろうか。
 『糸数字誌』は、「玉城城跡の外郭線に位置するこの城は、群雄割拠と第一尚氏の三山統一の外圧により、次第に大規模で堅固な築城を余儀なくされた」と指摘している。つまり、初期の築城は14世紀前半であったが、尚巴志が島添大里城を攻め落とし、さらに中山王を攻め、琉球全土を制覇する動きの中で、大規模な築城に至ったことを意味  する。そう考えれば、糸数城が南部で飛び抜けた巨城であることも納得がいく。
 落城についても「通説として尚巴志が南山を滅ぼし三山統一をした頃糸数城も落城してその後今日まで廃城となっていた」、「一説によると玉城城に居た後の玉城按司も尚巴志の三山統一の時に滅んだというが、しきりに城を増強して命に服しない糸数按司の動静は中山の注目する所となり、ついに精兵をさしむけて討たせたのではなかろうか」(『糸数字誌』)と断じている。
 尚巴志が精兵を差し向けて討たせたと見られる。上間按司については、次に書く。

« 自然石のアーチ門のある玉城城跡 | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/49229572

この記事へのトラックバック一覧です: 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その1:

« 自然石のアーチ門のある玉城城跡 | トップページ | 南部最大の城壁を誇る糸数城跡、その2 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30