無料ブログはココログ

« 繁多川メーミチー沿いの井泉 | トップページ | 島添大里城跡を再訪、その1 »

2013年3月23日 (土)

不意打ちの辺野古埋め立て申請に怒り

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設のための埋め立て承認申請書を沖縄防衛局が22日、不意打ち的に提出したことに、県内では怒りの声が噴出している。

 県北部土木事務所に現れた職員が書類の入った5箱を庶務のカウンターに置いて、1,2分で立ち去ったという。県知事や名護市長らにも、事前連絡もなかった。県民を欺くようなやり方自体、県民の総意を無視して強行しようとする安倍内閣・防衛省の道理のなさを示すものだ。

 稲嶺名護市長は、「県民の目を欺き、抜き打ち的、ごり押し的に提出したのは、強権的な政府のあり方を示している。断じて許すわけにはいかない」と批判した。仲井真県知事は、辺野古移設が普天間の「固定化そのものだ」とあくまで県外移設を求めた。

 沖縄県議会や全市町村長、議長ら県民代表は1月、安倍首相に会い、普天間飛行場の県内移設反対、閉鎖・撤去を求める「建白書」を提出したばかりだ。そこには、県民の総意が込められている。甘く見てはいけない。

 サンフランシスコ講和条約締結の4月28日、政府が「主権回復の日」として式典を催すことを決めた。沖縄が日本から捨てられた「屈辱の日」の式典開催に対し、県民無視もはなはだしいと怒り声が広がっている。それに続く、県民に挑戦する埋め立て申請の提出。県民は愚弄され続けている。

 こんな県民不在、民主主義不在のやり方を続ければ、怒りのマグマはいっそう渦巻くばかりだ。美ら海の自然を破壊し、県民の命と安全を脅かすことになる埋め立て申請を、県民は決して許さない。日米両政府が断念するまで決して屈することも、あきらめることもないだろう。

« 繁多川メーミチー沿いの井泉 | トップページ | 島添大里城跡を再訪、その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/50911521

この記事へのトラックバック一覧です: 不意打ちの辺野古埋め立て申請に怒り:

« 繁多川メーミチー沿いの井泉 | トップページ | 島添大里城跡を再訪、その1 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30