無料ブログはココログ

« 「屈辱の日」式典に抗議うずまく | トップページ | 「鳩間節」に込められた思い »

2013年4月29日 (月)

鳩間島の名前の由来

鳩間島の名前の由来について、興味がある。大城公男著『八重山 鳩間島民俗誌』(写真)から紹介したい。 
 かつて鳩間島に多数生息していたことに由来するという。鳩は穀物を主に食べる。島で鳩が急速に増えたのは、人が住みつき畑をつくるようになってから。人頭税時代には、鳩間島から西表島の北岸一帯に出かけて稲作をしていた。鳩も稲を目指して海を渡っていたそうだ。
 首里王府の八重山統治が進み、役人が島にやってきたとき、鳩の多い島という印象をもったのが島名の由来と推測している。ただ、鳩は現在、島にいない。それは島の人口が激減し、畑も田も作らなくなったからだという。 たしかに、鳩は自然のなかにいる野鳥というよりは、人の住む周辺にたくさんいる鳥だ。人が少なくなり、鳩がいなくなったとは、なんか寂しい感じがある。  鳩間島の名前の由来は、確証されているわけではない。でも、鳩が多いことに由来するなら、鳩間島の古くからの固有の名前というより、島外の人がつけた名前の印象が強い。

Img_2225_3

 

島に人が住む以前には、他の名前があったのではないだろうか? 先ごろ亡くなった外間守善氏は「行き果ての『果て』を語根にした『果ての島』が語源であろうと考えている」「ハテあるいはハティに『鳩』の漢字を当てるようになってから、ハトと読み、発音するようになったものであろう」との見解を示していたという(『八重山 鳩間島民俗誌』)。

 これも根拠ははっきりしない。それに、鳩間島に「果ての島」のイメージがあったのだろうか。少し疑問がある。最果ての島と言えば、波照間島や与那国島があるからだ。

 でも、役人が来るようになってつけられた名前とすれば、もともとは別の名前があったのではないか、というのは同感である。


« 「屈辱の日」式典に抗議うずまく | トップページ | 「鳩間節」に込められた思い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/51420901

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩間島の名前の由来:

« 「屈辱の日」式典に抗議うずまく | トップページ | 「鳩間節」に込められた思い »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30