無料ブログはココログ

« アルテで「豆が花」を歌う | トップページ | 真玉橋の拝所、仲間世、古島 »

2013年5月14日 (火)

あいた口がふさがらない橋下暴言

 これが公党代表の発言か!と怒りを通り越して、あきれかえったのが、橋下日本維新の会共同代表・大阪市長の暴言だ。

 在日米軍幹部に、海兵隊員による風俗業者の活用を求めたとか、従軍慰安婦は「軍の規律を維持するために必要だった」などなど。

 橋下氏は先日、沖縄に来て、米軍基地を空から視察した。普天間飛行場の辺野古移設に賛成する立場を表明し、県民のひんしゅくを買ったばかりだ。その際、米軍幹部と会った際、風俗活用を提案したという。なんと恥知らずだろうか。女性の人権をじゅうりんするのもはなはだしい。沖縄では怒りが巻き起こっている。

 そういえば、かつて1995年の少女乱暴事件が起きた際、米太平洋司令官が「彼ら(米兵)は車を借りる金で女が買えた」との暴言をした。橋下発言も、それと同次元のもの。

 それに、米兵による女性への乱暴や凶悪事件がおきるのも、「海兵隊の猛者の性的エネルギー」のなせるものでやむを得ないかのようにさえ受け取れる。沖縄で相次ぐ米兵による事件の深刻さも、本質もなにもわかっていない、わかろうともしていないことを物語っている。人間性を疑った。

 従軍慰安婦発言も、同根のものだ。これまで、自民党幹部らが、従軍慰安婦は軍の強制ではなかったと発言し、批判を受けてきた。旧日本軍に従軍慰安婦は必要だったと、全面擁護する橋下発言は、さらに悪質なものだ。

 「もし自分の母親や娘が同じ立場に置かれた時、同じことが言えるのか」という憤りの声も県内の女性団体から出ている。
 あからさまな軍による性暴力の容認発言は、内外の批判がさらに高まるだろう。およそ公党の代表として、政治家として、市長としての資格がないことを示している。暴言は撤回すべきだ。それにとどまらずただちに辞任すべきである。

 

« アルテで「豆が花」を歌う | トップページ | 真玉橋の拝所、仲間世、古島 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいた口がふさがらない橋下暴言:

« アルテで「豆が花」を歌う | トップページ | 真玉橋の拝所、仲間世、古島 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30