無料ブログはココログ

« 真玉橋の唐獅子(ガーナ森の由来) | トップページ | 感動的な「千の風になって」 »

2013年5月24日 (金)

玉三郎の組踊「聞得大君誕生」を観る

 坂東玉三郎が出演して話題となった新作組踊(クミウドゥイ)「聞得大君(チフイジン)誕生」がNHKで放送されたので観た。

 聞得大君とは、琉球王国の最高位の神職。通常は「キコエオオキミ」と読むが、組踊ではウチナーグチ(琉球語)読みとなっている。舞台は16世紀の尚真王代(第二尚氏)の琉球王朝である。

Img_2361 尚真王の妹、音智殿茂金(ウトゥチトゥヌムイガニ)が、首里の今帰仁(ナキジン)の屋敷で奉公していた伊敷里之子(イシチサトゥヌシ)と出会い恋に落ちる。そのころ今帰仁で、村落の祭祀をつかさどるノロ(神女)と民間の巫女であるユタの勢力争いが起きていた。尚真はこの争乱を鎮めて、王族の女性を頂点とする強大な宗教組織の確立を推し進めようとする。

 そこで、伊敷里之子が争乱を治めるため派遣される。心通わせる彼女と別れて出かけた里之子。だが争いの中で刺されて命を落とす。Img_2363

  尚真は、新たな国事として、村のノロ(神女)一人を選び村で神への祭祀を務めさせる。王府には、最高の神職として、聞得大君をおき、村々のノロをおさめるとともに、王府の神事を務めさせる。その役目は、王妃か王の姉妹しかいない。音智をその神職につかせる。聞得大君の誕生である。
 そんなストーリーである。玉三郎のために書かれたような内容だ。

 沖縄でも、公演のチケットは瞬く間に売り切れ、見に行きたいと思ってもいけなかった組踊ファンがたくさんいた。ただ、私的には、玉三郎にはあまり興味がない。

 この組踊を観て、個人的に興味があり、面白いと思った点がいくつかある。

 その一つは、まずバックで歌い演奏する地謡(ヂウテー)が、幕の後ろではなく、舞台に出てきて、よく見える位置で演奏したこと。「組踊は聴くもの」と言われるほどだから、当然だ。でも、国立劇場おきなわの組踊公演では、地謡は幕の後ろに隠れ、歌と演奏もベールを通してしか聴けないことが多い。今回は、よかった。

Img_2366

 その2。尚真王は中央集権制を確立し、各地に割拠していた按司(アジ、豪族)の武装を解除し、武器を王府に集中管理した。その時代の模様が描かれていること。
 「地方の按司から武器を集めているが、まだそこここに武器が残っている」「今帰仁の武器はまだ半分しか納めてない。遅れている」などの会話が出てくる。

 若い男女の出会いもそんな場所だった。今帰仁の武器を納める旅の行列に出会って、驚いた馬がつまづき、音智が落ちる。武器運搬の手伝いをしていた伊敷里之子が彼女を助けて、二人の恋が始まった。Img_2367
 二人の出会いと別れ、彼氏の死去という悲劇まで、王府が地方から武器を集めた政策が、物語の重要な背景になっている。こういう組踊は初めて見た。

 その3。ノロとユタの争いが描かれていること。まだ、今帰仁に残っていた刀やヤリなどの武器を女性たちが持って争う。想像を絶する情景だった。ユタがノロに「山原で神女(ノロ)は役にたたん」とののしれば、ノロはユタにたいし「人をだますのが仕事」という具合に、激しく罵倒する。

 ノロは村の公的な神事を担い、ユタは民間の庶民を相手にするのに、勢力争いがあったとは、意外だった。なぜだろうか?
 たぶん、尚真王による宗教組織が確立され、各地のノロもその統制下に置かれるまでは、ノロの身分と地位、職務の範囲も、まだ明確には確立されていず、ユタとの争いもあったということだろうか。作者の大城立祐さんは、琉球の歴史には詳しい作家なので、それなりの時代考証はされているはずだ。

 「村落のノロ組織も、少なくとも第二尚氏初期に完成され、すべて王府からの正式の辞令によって任命される官人=オエカ人となった。そして役地としてノロ地が支給された」。宮城栄昌著『沖縄の歴史』はこのように指摘している。

Img_2365
 
  王府から任命された「これら聞得大君以下の神女は、お嶽(拝所)や自分が居住する御殿の火神を通じ、つねに国王の長寿、王家の繁栄、領内の平和、五穀の豊穣、航海の安全を祈った。ノロはまた按司のためにも、その幸いを祈願した」(同書)

 そんなこんなで、それなりに面白く観た新作組踊だった。
 写真はすべて、NHKの画面から借用した。

« 真玉橋の唐獅子(ガーナ森の由来) | トップページ | 感動的な「千の風になって」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉三郎の組踊「聞得大君誕生」を観る:

« 真玉橋の唐獅子(ガーナ森の由来) | トップページ | 感動的な「千の風になって」 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30