無料ブログはココログ

« 「多良間ションカネー」の謎、その2 | トップページ | 海軍司令部壕の最期 »

2013年6月13日 (木)

内間御殿のサガリバナが咲きだした

 西原町嘉手苅(カデカル)の史跡、内間御殿の入り口には、とても立派なサガリバナ(和名・さわふじ)の大木がある。070_2一度、咲いているのを見たいと思っていた。ただ、この花は、日が落ちて夜中に咲いて、日が昇る朝には散っている。だから、見るのには夜出かけるしかない。

 ツレが問い合わせると咲き始めたというので、夜出かけた。左写真は、有名なサガリバナの大木。以前、昼間に撮影していた。

 ところが、この大木は、まだほとんど、花の蕾をつけるツルが伸びていない。だからまったく咲いていない。

 ガッカリして、出直すしかないかと思った。その時、ツレが「こちらの木もサガリバナだよ。あっ、咲いているじゃん」というではないか。

Img_2544 嘉手苅公民館近くに、サガリバナの大きな木が、何本もある。そのうちの一本に咲いていた。よくみると、この木は、メッチャたくさんのツルが垂れていて、蕾をつけている。

Img_2549
 
 咲きだしたといっても、まだ咲いているツルは4,5本くらい。まだまだこれからだ。無数に垂れているツルが、いっせいに咲けば壮観だろう。花がまだ少ないのに、樹木の下は、甘い花の香りが漂っている。
 サガリバナも木によって、花をたくさん咲かせる木と、あまり咲かない木があるのだろうか。それとも、時期がもっと暑くなれば、咲きだすのだろうか。Img_2551
 これくらい蕾が膨らめば咲くのは近い。今夜咲くのかもしれない。サガリバナは、色は白か、ピンクだけれど、内間御殿前でいま咲いているのは、白のようだ。薄いピンクのように見えるが、これまで見たピンクのサガリバナに比べると色合いが薄い。

Img_2547
 花は、ライトアップされているわけではない。自分で、懐中電灯を持参していった。

 あと10日くらいすれば、もっとたくさん咲きだすだろう。

Img_2554
 今夜は三日月だ。内間御殿の上に上がる。もう一度来れるかどうかわからない。

 ちなみに、わが家の近くの漫湖公園も咲きだした。ツレが写真を撮ってきている。こちらは、鮮やかなピンク。いまのところ、漫湖公園の花の方がきれいかもしれない。Img_2543
 実は、私はサガリバナを夜中に見るのは初めてである。ツレは、何回も明け方に起きて見ているが、私はぐっすり眠っていてまだ見たことがなかった。初体験である。

 



  



« 「多良間ションカネー」の謎、その2 | トップページ | 海軍司令部壕の最期 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/52026879

この記事へのトラックバック一覧です: 内間御殿のサガリバナが咲きだした:

« 「多良間ションカネー」の謎、その2 | トップページ | 海軍司令部壕の最期 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30