無料ブログはココログ

« 声楽による「トゥパラーマ」を聴く | トップページ | 放浪の唄者・里国隆 »

2013年10月26日 (土)

台風去って、産業まつり

県産品を一堂に集めた第37回沖縄の産業まつりが奥武山公園で開かれた。台風27号は本島を外れたけれど、10月25日金曜日の開幕を中止し、26日土曜日の開幕となった。Img_3804 


 秋晴れのもと、たくさんの人たちが詰めかけていた。毎年恒例の物産が多いけれど、沖縄の特産品を使った新しい商品も目につく。
Img_3805 県産品で今回目立ったものの一つがお茶などの飲み物。とくに薬草系の飲み物などが実に多彩である。Img_3806 緑茶から始まって、さんぴん茶(ジャスミン茶)、グァバ茶、うっちん茶、くみすくちん茶、クワンソウ、ルイボス茶、モリンガ茶、ヨモギ茶、ゴーヤー茶などなど。

Img_3807
Img_3808
 なかには、意味不明の看板もあった。ノニは、健康によい飲み物だというが、試飲しても、なんとマズイことか。口直しがほしくなる。でも「ヤギなノニ」ってなんだろう。Img_3809

 不思議のついでに、「眠りの駅」なるブースがあった。「眠りについてなんかお悩みはありますか」とかいって、相談にのってくれる。Img_3811 要するに、安眠用具としての枕や高反発マットレスなどの販売をしているのだ。

 こちらは、昔懐かしい石原裕次郎、小林明など映画スターの看板が並んでいる。手書き看板で知られる豊見城市高安の「大星広告」のブースである。よく通る道沿いに店がある。産業まつりの出店は初めてではないだろうか。

Img_3813 変なものついでに、ハンバーガーをくわえたジョーズ。何を売っているのかよくわからない。Img_3815
 楽器のブースもあった。ギターと三線である。三線屋はいつも出店するが、ギターは珍しいかも。Img_3810
Img_3812

 まつりで買ったものは、これまでの店とは関係ない。市町村の産物が集まる「ありんくりん市」が、多様な食べ物などあって面白い。Img_3814 本部町の「誠もち店」で、なぜか美味しそうな手羽先の照り焼きを売っていた。「誠もち店」はスーパーにも出していて有名だが、ここでしか売っていない多彩なアンコが入って焼いたモチと手羽先を買った。読谷の店では、カマンベールチーズの入った天ぷらを買い、オリオンビールの工場直送ビールの販売テントで、ノンアルコールビールを飲みながら、美味しくいただいた。

 毎年来ていても、新たな県産品が作られていて、発見がある。楽しさがある。今年は「うまんちゅのこころをつなぐ県産品」がスローガンだった。

 大勢の人たちが集まる中で、三線サークルの仲間の女性から声をかけられ、アルテに集う音楽仲間を見かけて声をかけたり、出会いもある産業まつりだった。

 

  



« 声楽による「トゥパラーマ」を聴く | トップページ | 放浪の唄者・里国隆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/53732785

この記事へのトラックバック一覧です: 台風去って、産業まつり:

« 声楽による「トゥパラーマ」を聴く | トップページ | 放浪の唄者・里国隆 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30