無料ブログはココログ

« 「命どぅ宝」石碑を見る | トップページ | 神がつくった聖地・首里森御嶽 »

2013年11月20日 (水)

名護市民の誇りをかけた移設反対の市長意見

 

 名護市の稲嶺進市長は1119日、米軍普天間飛行場の辺野古移設に断固反対する市長意見案をまとめた。政府の埋め立て申請を仲井真県知事が承認しないよう求めている。理不尽な日米合意押しつけは認められないという名護市民と市長の強い決意が込められた歴史的な文書だ。

 意見案は、新たな負担を強いる基地建設は認められないこと、環境保全は不可能であることやオスプレイ配備が市民生活に不安を与える、「辺野古移設が唯一有効な解決策」という主張は整合性がないなど、いくつかの理由をあげている。

 とくに共感するのは、「いくら国防と言えども、一地域に犠牲を押し付け、地域住民の声を無視し、蹂躙することがあってはならなりません」ということだ。

 そして、市民生活の安心・安全、自然環境の保全、未来に生きる子どもたちのために、「名護市民の誇りにかけて『普天間飛行場の辺野古移設』に断固反対する、これが名護市民の強い決意であります」と格調高くのべている。

Img_4026_4

 政府内からは「市長意見に法的な拘束力はない」と無視しようとする声があるらしい。とんでもないことだ。自国の公共工事であっても、地元自治体が反対しているものを建設することはまずありえない。ましてや、外国の軍事基地、それも住民の住環境、生命、健康、安全を脅かし、取り返しのつかない自然破壊をもたらす巨大な基地を、市民と市長の断固反対の意見を無視するようなことは、絶対にあってはならないことだ。

 そんなことがまかり通れば、民主主義も地方自治も根底から覆されることになるからだ。

 名護市民も沖縄県民も、辺野古への新たな基地建設を許さないだろう。普天間飛行場は、沖縄にも日本にもいらない。アメリカにお持ち帰りくだされ、というしかない。

« 「命どぅ宝」石碑を見る | トップページ | 神がつくった聖地・首里森御嶽 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

みんな!反日に騙されるな!!!
辺野古区民は全員移設賛成だ!!

辺野古区民の真実の声を全国に広げる
http://www.youtube.com/watch?v=NBPxooQTY-g

【チーム沖縄】辺野古の漁師さんに聞いてみた
http://www.youtube.com/watch?v=omcciwCiUfo

【速報】史上初 沖繩辺野古テントに抗議①
http://www.youtube.com/watch?v=7n3Y0MerrMU

拡散希望!選挙管理委員会へ電話してみた【沖縄
http://www.youtube.com/watch?v=UjQmbNIhvH8&list=PLGlgk2NtymEeB76bBxkOUR-fkkt8d2hX5&index=32
2014/06/01(日) 21:13:10 |

 普天間飛行場の県内移設に反対する県民の声を「反日」と表現するとは、沖縄の心を何一つ知らないんですね。怒り以上の悲しくなります。
 辺野古区民の中に賛成の人はいますが、反対の人もいて、全員賛成なんてありえないことです。この前、4月6日に「ヘリ基地建設に反対する辺野古区民の会」が発足したこともご存知ないようですね
 それに普天間の閉鎖・移設問題は、辺野古区民だけで決めることでもない。辺野古の海は、名護市民、県民、日本の大事な宝の海です。
 県民は知事が埋め立てを認めた後、2014年4月の世論調査で、辺野古移設に賛成はわずか16・6%とごく少数。反対が73・6%と圧倒的多数を占めますよ。県内移設反対は、変わらない県民の総意です。このことをお忘れなく。 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名護市民の誇りをかけた移設反対の市長意見:

« 「命どぅ宝」石碑を見る | トップページ | 神がつくった聖地・首里森御嶽 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30