無料ブログはココログ

« 誰が飲むのか「百年古酒」 | トップページ | 街路は南米桜が満開 »

2013年11月26日 (火)

無残!自民党議員総崩れ

 沖縄県選出・出身の自民党国会議員5人が、普天間飛行場の辺野古移設を容認する方針で一致したのには、怒りを通り越してあきれ果てた。

 自民党県連と5人の議員は、これまで参議院選挙、衆議院選挙で「県外移設」を公約に掲げて当選した。安倍政権が辺野古移設を推進すると、西銘恒三郎衆院議員、島尻安伊子参院議員は早々と公約を放棄していた。残る3人も、石破茂幹事長はじめ自民党幹部の「離党勧告」などの脅しに屈服した。「赤信号みんなで渡ればこわくない」というのだろうか。

 公約は政治家の命である。「県外移設」の公約放棄は、県民への重大な裏切りだ。政府・自民党の圧力は、「県内移設反対」で一致団結した県民世論を分断しようとする卑劣な策謀である。辺野古埋め立て申請に対する仲井真知事の判断を前に、知事の外堀を埋めて認めさせようとするあくどい狙いがある。Img_4102


 しかし、自民党国会議員が公約を放棄したとしても、県内移設反対の県民の総意が変わるのではない。脅迫に屈服し、無残な総崩れをした自民党議員が、県民総意から転落するだけである。

 それにしても、背信行為に対する彼らの弁明は、あいた口がふさがらない。

「状況が変化」したという宮崎政久議員。でも、「辺野古移設ノー」という県民総意は不変である。自分が政治スタンスを変えただけである。

普天間固定化を避けるため「命を優先で考え」たという比嘉奈津美議員。比嘉議員は、名護市を含む衆院3区の選出だが、辺野古移設で危険にさらされる周辺住民の命は「優先」する対象には入らないとは、なんという無神経!

Img_4103

 「県外移設公約は堅持する」という国場幸之助議員。自民党本部には「容認」といい、県民には「県外移設は堅持」というのは、まさに典型的な二枚舌ではないか。

 「たやすく圧力に屈し、主張を撤回するなら政治家の資格はない」「辞職し有権者に信を問え」(「琉球新報」11月26日付社説)というのは、県民多数の共通認識である。

 自民党議員に続いて、自民党県連も条件付きで辺野古移設を容認する方針に転換しようとしている。議員だけでなく、沖縄自民党の総崩れである。 

沖縄戦で筆舌に尽くしがたい惨禍を体験し、米軍基地の重圧と卑屈な日本政府の沖縄への犠牲強要に苦しめられる県民は、このような背信行為を絶対に許さないだろう。

« 誰が飲むのか「百年古酒」 | トップページ | 街路は南米桜が満開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無残!自民党議員総崩れ:

« 誰が飲むのか「百年古酒」 | トップページ | 街路は南米桜が満開 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30