無料ブログはココログ

« 冬至近し | トップページ | 玉陵をめぐる光と影、その4 »

2013年12月 8日 (日)

大人気の南部農林「農業祭」

 「農業魂をふるいたたせろ! 65年の歴史を 今ここに」のスローガンで開かれた県立南部農林高校の「第26回農業祭」。3年ぶりくらいに出かけてみた。高校はすぐ近くにあるし、農業祭は地域の人たちにとっても人気がある。Img_4208


 沖縄の北部、中部、南部の農林高校と名護市にある農業大学校は、この時期にいっせいに「農業祭」を開く。沖縄は農業が重要な産業である。農林高校、農業大学校は、戦後の沖縄の農業の発展に役立ってきた。

 なにより、農業祭は高校生が作った農産物と加工品が格安で直売されるので、大人気である。販売は午前10時からだが、9時半にはもうこの行列ができている(上写真)。Img_4210 野菜や野菜の苗、花や植木などの園芸目当ての人たちも多い。販売前からもう人だかりができている。Img_4211_2
 こんな木製のベンチは、すでにほとんど売約済みとなっていた。

一番人気は、牛、豚、鶏の精肉やハム・ベーコンなど加工品とケーキ・菓子パンなど食品加工の販売コーナーだ。肉類は、3年前に雨の中並んで買ったことがあるので、今回はパス。

 チーズケーキとローストチキンなどを目当てに並んだ。販売コーナーの前も長蛇の列。
 沖縄は、東京なんかと違って、ほとんど並ぶことはない。こんな大行列は、沖縄に移住してから初めてだ。
 なんと朝7時半から並んでいるとか。なんでこうまでして並んでいるのか、なにがそれほど魅力があるのかよくわからない。みんな並ぶから、きっといいことがあるだろう。そんな群集心理に飲まれているのかもしれない。それに、1時間以上並ぶと、せっかく並んだから、いまさら引き返すと、ならんだことが無駄になる。そんな気にもなる。

Img_4215

 並んでいるうちに、品物はどんどん売り切れていく。「チーズケーキ残りわずか」。販売状況が表示されている。残りは少なくなる。Img_4216



 とうとう2時間以上並んで、販売窓口にたどり着いた。お目当ての商品はもう完売になっていた。「でもせっかく並んだのだから、たくさん買わなきゃ」。そんな購買心理も働く。それに、活発に動く生徒たちの姿を見ていると、日頃の学習と活動の成果でもあるこれらの品々を買ってあげたいという気持ちにもなる。

Img_4220

というわけで、ガトーショコラ1個、パウンドケーキ2個、南農味噌1個を買い上げた。
生徒たちに感謝の気持ちを込めて美味しくいただきたい。

 

Img_4217_4

« 冬至近し | トップページ | 玉陵をめぐる光と影、その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/54190922

この記事へのトラックバック一覧です: 大人気の南部農林「農業祭」:

« 冬至近し | トップページ | 玉陵をめぐる光と影、その4 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30