無料ブログはココログ

« 2014年初日の出を拝む | トップページ | 「瓦屋節」の歌碑、朝鮮陶工が伝えた陶器製造 »

2014年1月 3日 (金)

万福寺に初詣

 元日に初日の出を見に行ったあと、風邪の症状があり寝ていた。寝るだけではつまらないので、わが家から最も近い那覇市仲井真の万福寺に初詣に行った。Img_4508_3

 今年の干支は午。臨済宗妙心寺派の万福寺は十二支の御守本尊がそろっている。参拝者は誰もいない。本堂の正面に12支の本尊がズラッと並んでいる。見事だ。Img_4503_2 私の干支は申。大日如来が未と申の守り本尊だ。Img_4498_2十二支だけど、御守本尊は8体である。二つの干支を兼ねたものがあるからだ。8体の仏像を見ると、みんな姿が異なる。座像や立像。座像でも、右足を出しているものや出していないもの。手も合掌したり、手のひらを開いたり、剣などをもつ像もある。

Img_4491 ツレの干支はねずみ。千手観音菩薩である。それぞれのご本尊を拝む。今年も健康で幸多い年となることを。

 今年の干支、午は勢至菩薩だ。知恵の光で照らして、人々が悩み、苦しむのを救うらしい。「知恵の光で」というのがなかなかいいではないだろうか。Img_4495_5
 こんなに十二支のご本尊をすべて並べているお寺は初めてだ。尋ねてみると「ええ、他にはないと思いますよ」とのこと。「高度成長でお布施も多かった時分につくられたようです」。なるほど、ここにも時代が反映していた。

 沖縄のお寺は大和のように、広大な敷地はとれない。でも駐車場はしっかり整備されている。本堂の横、階段を上ると、梵鐘があった。冬空とは思えない青空が広がっていた。

Img_4507
 

« 2014年初日の出を拝む | トップページ | 「瓦屋節」の歌碑、朝鮮陶工が伝えた陶器製造 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/54475806

この記事へのトラックバック一覧です: 万福寺に初詣:

« 2014年初日の出を拝む | トップページ | 「瓦屋節」の歌碑、朝鮮陶工が伝えた陶器製造 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30