無料ブログはココログ

« 巨人の沖縄キャンプ始まる | トップページ | 天空の鉄板焼きパーティー »

2014年2月18日 (火)

今帰仁の今泊を歩く、近代に2集落が合併

近代に二つの集落が合併

今泊のことを何回かアップしたが、二つの集落が合併した経過について、書いた部分をアップしていなかった。改めてアップする。

今帰仁と親泊の二つの集落が、海辺近くに移転してきたのは、17世紀のころと見られているが、合併して今泊となったのは、近代になってからだ。

『今泊誌』には合併の経過が紹介されている。

Img_4638_2

 今泊は「イェードゥメー」と呼ばれ、明治36年(1903)までは今帰仁村と親泊村は別々に存在し、同年に合併し今泊となった村である。しかし、3年後の明治39年に分離し、昭和47年(1972)にふたたび合併し現在に至る。
 
 明治36年に合併しながら、すぐに分離したのはなぜだろうか。今帰仁ムラは面積が広く人口が少ない。一方の親泊は、面積は小さいが人口は多い。
 そのために、税金や夫(ブー)作業などの負担が一方にかぶさってくるため不平等が生じてくる。それが原因のようだ。

今帰仁城の城下村のようだといっても、首里城のあった首里の地域とは異なる。首里は、士族が住む城下町だった。でも、今泊は士族が少なかったからだ。

1903年『区間切島本籍人員族及棄児』によれば、人口に占める士族割合は、今帰仁間切全体が23・1%だったのに対し、今泊はわずか5・7%に過ぎない。今泊は人口が多いけれど、平民が大半を占める集落だった。税金の負担は重かっただろう。

 

« 巨人の沖縄キャンプ始まる | トップページ | 天空の鉄板焼きパーティー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384216/54816278

この記事へのトラックバック一覧です: 今帰仁の今泊を歩く、近代に2集落が合併:

« 巨人の沖縄キャンプ始まる | トップページ | 天空の鉄板焼きパーティー »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30